ハーメルン
メダロットエクスセカンド二蒼間
第二章、第一話、 道を潰され、

全部で七つある人工島の内の一つ、 空港や港しての機能に特化した『ボートア
イランド』の空港に到着した。
模井達は入国審査を受ける事にした、
此処へ来た人のチェックを一人一人行った、 次の人の番に為った時、
「NEXT」 と入国審査官が大声で怒鳴り散らした、
「…歓迎されて無いんじゃないのか?」
模井はそう想った、
入国審査官の所へ来てパスポードの提示をされた、 パスポートを見せた後、
CameraJ
入国審査官は本人の顔チェックと提示した、 バスポートの時もそうだが、如何
も脱まれてる様だ
英語で目的を聞かれたので、 同じく英語で 「二泊三日の観光です」 と返返事をし
た、
最後は英語で。
「ようこそ人工島へ」
標井柳生が正式に人工島へ入国出来て、 後残り 4人も順欠入国出来た。
榎井達が審査を終えて直ぐにトイレに入った、 目的は用をするのでは無い、ト
イレの個室に入ると旅行鞄の底に部品にしてしまったモノを取り出すと周り
に最新の注意を払いながら其々の部品を渡して繋き合わせた
トイレに隠れて組み立てを終えた後、 再び鞄にしまい込んだ。
外へ出て、 隠し持ってた物を更に渡した
「…全員装備は万全ね」
存華はそう確認を取ると4人は頭を縦に領いた
義信以外の 4人が持ってるのは 『ソウルバレット』と呼はれる拳銃らしきモ
ノと『ソウルブレード』 と言う筒だ、
有る事で中島愛音と知り合った男性が急違遠い所へ行く事に為った際に心配
していたのか『ソウルバレット』なるモノを作った、 『ソウルバレット』の最
大の特徴は射手の精神を実体のあるエネルギーに変えて撃つ物、 具体的な構
造は不明だがその人はその手のモノを作る事は可能だ、 『ソウルプレード』も
同様の原理で其れを手にした人の情神を実体のあるエェネルギーの刃に形作る
モノ、ピームサーベルと違いピームの熱で斬る訳では無いので鋼鉄の扉を培
断出来ないので殺傷力の面では中途半端な気がするが、 所有する人の精神を
エネルギーにする点では補給の点でも優れてた、 ただ構造上如何しても金属を必要とする為、一日分解する必要があるが。 X線検査では『たたの金属』と
思われるだろう
ソウルバレットとソウルプレードは其々五つ有る
但し日野は何故かこのニつのどちらかを持ってても作動しないのか、 其々五
つある内の二つは標井柳生が持っ様で、 ソウルプレードの方は、 其れを作って
くれた人に之を連結出来る特殊な機能の追加を求めて居た、 その人は振り
のソウルブレードにその改造を施した。
グリップの両端が刃に為る特殊な武器に為った之を最大限に発揮できる様に
練習をして使いこなせる様に為った。
更に中島陽物が昔通ってた道場に機井は訪れて其処で三日間の短期間だが修
行も積んだ。
結果其処で得た技と技術を合わせた事で鬼に金棒と言える状態なのだ
其々の装備を確認した後、 表向きの観光をする為に中央区に通じる海底トン
ネルの駅に歩いた、 七つある人工島の其々の島に向かうには其々にある海底
トンネルの駅と海上にあるケートブリッジを利用するしかない、 船を使って
の移動はポートアイランド以外無いのでそう簡単な事では無い
駅構内にある券売機の通貨は多
日野義信は機井達がトイレに隠れて組み立てをしている間に両替したので人数分の金を用意するのに其処まで時間は掛からなかった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析