ハーメルン
メダロットエクスセカンド二蒼間
第二章、第二話、 中央区

水中ゴンドラが中央島のドアを連結して開いた、
5人はゴンドラから中央島の通路に入った、
日野がゴンドラと其れを連結したドアを閉めた
第三階層、
全部で七つの島から成る人工島は、 其々の機能に特化したが共通の機能とし
てライフサイクル機能が存在している
地球の地表の大半を占める海だが、その海の水は『海水』と呼はれ、 人間を合
む陸に生きる生き物が飲めるモノでは無かった、 それらの生き物が飲める水
は『真水』と言う水か無いと生きていけない
ある日本人が開発した特殊浄化水装置は人間から出る尿を真水に変換する特
殊な装置が存在した、 管て存在した国際宇宙ステーションに採用されてた。
第三階層にはこの手の装置に依る簡易的なバイオスフィアに依り、 ある程度
野自給自足が行えるように為ってた。 (但し長期は困難)
其れより下、 第四階層は動力室として機能していた
第三階層から第二階層に通しる階段の踊り場、
余坪は手にしたタブレット PCで、 今まで集めた情報と之からの事を考えた。
他四人も考えを巡らせた、
5人の共通するもの、 それは 『打開策』
「…ここの上に七つの人工島のシステムを統括する『タワー』が在るようです、
此処を再起動さえすれば、 人工島の全機能が復旧できる筈ですが」
余坪の提案に機井は、
「…確立は五分五分だが·…遣るしかないな」
五分五分と言った理由、 それは復旧できるか否か、既に交通網に致命的なトラ
ブルが起きたからだ、 最悪の場合は交通網の再生がまま為らない可能性があ
るからた。
「…でセントラルアイランドの天辺は何階なの?」
存華の質問に坪倉は、
「55階、但しその階は展望台見たいな物でその下の 50階に中央制御室が有
る」
そう返事をしてタブレット PCのディスプレイを見せた、
「…エレベーターを使う訳にはいかないよね」
大神は不安げにそう言った
誰も返事をしなかった、
暫くして第二階層から更に上の地上に向かった
地上に出た所で島の異変は全体に広がった。
バニックを起こす数人のサラリーマン
多くの者達は携帯電話で何とか連絡を取ろうとしたが、 連絡が付かす困惑し
たようだ。
中には諦めたのかペンチに寝た者も居た。
この人達に声を掛けても無理だろうと分かったのか標井達は設置された看板
に目を通した、 金属で出来た看板には中央島の解り易いイラストと文字案内
が書かれてた、文字は色んな国の言葉で何て書かれててその中で何とか解読
出来る文字を見つけてた、
「…せん…と…·らる…た…わー…此処か?」
中央の所に指を差した
赤い点の現在地は島の端っこ。
「何事も起きなければ良いが」
タクシーも混乱の影響を受けたのかどれもドアが開いて無い、
仕方なく歩いて行く破目に為った。
中央に向かって数分歩いた所で円柱形の形に置かれてた複数のセキュリティ
ーポッドが変形をして四足ローラー走行の形態に変形して近づいて来た。
変形して来た所を模井達は既にメタロットの転送を済ませた
相手は警備用のセキュリティーボッドの為か撃破は簡単だった。
「あの時のセキュリティーメカとアレ何か違いが無いか?」
「そう言えばそうだ」
職員を殺したセキュリティーメカは実弾を持ってた。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析