ハーメルン
メダロットエクスセカンド二蒼間
第二章、第四話、 狂いの元、

クレッセントアイランドで放置された漁船を無免で操舵してやっとスクエア
ファーム周辺に漸く辿りついた、 だが其処に至るまでが苦難に等しい
波に採まれ、 上下が安定しない、 ましてや漁船は早く進めない。
如何にか漁船を操築舵した日野と模井と園咲の3名は耐えたが残り 2名が船酔
いに陥った
「おげ一っ!」
余坪は耐え切れなくなり漁船の右蛇から海に向けて口から何かを、 艦吐物を
出した
「なっ…ナンの…之くらいで·」
大神は口で強気に出てるが仰向けの姿勢に為っており体は既に限界に来たし
始めた、
「何言ってるの、祭ちゃんは明らかに限界が来てるでしょ」
存華がそう反論した、
「もう直ぐで物資搬入搬出用の港に辿りつく。 誰かロープの用意を」
余坪哲は余りの気持ち悪さで動けす、 大神祭は余坪と同じケース、 模井柳生が固定用のロープを用意した。 一方園咲存華は船酔いした二人のケアをする事
にした
農作物を運ぶための専用の港に漁船が停泊するのは奇妙に思えるかもしれな
いが、 今は異常事態だ。
ロープで固定か確認されると、 柳生と存華は先に降りて次に船酔いでるら付
いた哲と祭は脚元の覚束無い状態でも如何にか動いて、 手を掴まれそのまま
降ろして貰えた
最後に義信が降りると港を後にした
港を出ると其処は緑の拡がる地平た、 色取り取りの植直物が覆い同し緑にその
違いの見分けるのも楽しませてくれる、 無論其れらは農作物なのは当然だ
恐らく同じ人工島で製造されたと想われる農業用ロボットが懸命に作物を育
てている
柳生は人差し指と親指を広げ其処に口の下をあてて何か考えているようだ。
その疑間の謎を考える間は無かった、 農作業用ロボットが比方に気づくと作
業を中断して一斉資に向かって来た、目的は間違い無く、
4人はソウルバレットを取り出し構えて、 日野のみショットガンを構えた。
次々に放つ弾は農作業用ロボットに命中したが、 数が其れなりに居るのか中々減らない、 ソウルバレットと違いショットガンは弾に限りが在る、まして
やもう二度と補充が出来ないと最悪に等しい
講替わずにウォーバニットを転送したのはそんな理由だ、
その後4人が其々のメタロットを転送したのはそうであった
何機かの農作業用ロボットを次々に撃破をした後誰かが来た
見た目は農作業に勤しむ青年と言った風貌ではあったが
様子が可笑しいのは言わなくても直ぐに分かる
「クヒヒッ!」
その青年は手にしたメタライザーを比方に向けた
転送して出て来たメタノイドが頻の羽根を生やした豚に似たデザインた
向こうから名のらないが名はリボミアだ、
「食われる覚悟は出来てる様たな」
「何、 コイツ」
存華は困惑した表情をしていたら、
「餌が喋るな!!」
両腕に固いモノを細かく破砕するクラッシャーを比方に向けた
クラッシャーの金属の牙をチラつかせて飛びかかろうとした
エムフロウが狙われたのでギリキリて回避出来た、
が次の攻撃でエムフロウの片脚を噛み千切られた、
次に噛まれる直前にウチアゲが放った砲弾がリポミアのクラッシャーの口の
中に入り込んで爆発した、
左腕のクラッシャーが壊れて吹き飛んだ所から煙を噴いて底の近くを押さえ
ながら叫んだ、

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析