ハーメルン
MAW 2+3 medarot cross
新第一話、未知なる一日、

メインカメラの遮光シャッターが開き、 カーテンから漏れる日の光を感じて
目が覚めた。
その傍らに長い黒髪の女性が上半身を起こした、
「…んっ、…あっお早うグレイ」
...
視練は既にコッチに向いてた
人間依りも鋭敏な音声センサーにリズミカルに何かを叩く音が下から聞こえ
た、恐らく調理の匂いが感じただろう
長い黒髪を揺らしながらも制服に着替えてた。
「何時もながらだが、 お早う純朱」
制服越し分かるに胸の大きさと逆に分かり難い砂時計計並みの腰の括れ、 スカート越しだが其れなりの肉付きの尻、
純朱と呼ばれた女性は制服に着替え終えたと同時にグレイと言われた人型のソレはペットから起きた。
その女性のフルネームは二宮純朱、
今から約一年前まで生きていた二宮零斗の一人娘、 ただ彼女の存在は親族の
誰も知らなかった。 それと同時に白瀬貴崎と名乗った女性は彼女の母親らしく、その人に依って横浜市に住む事になった
その彼女の傍らに居るクレイと名付けられたメタロットは一年前までは其れ
のメダルが父親の形見のペンダントの中に入っていた事に気付かなかった
メタロットはロボットの一種らしく人工知能をメダルに代用する事で人間並みの知性を得られた事からそう呼ばれたらしいが、 昔あった暴走事故でメダルの機能と特製を限定させて AIで代用させたメタノイドと多くの人がそう呼んだ。
つまりは、 純朱の去年の出来事はにうた
最愛の父親の死と母親と名乗る人の出会い自信の秘密のからメダロッターとしての始まりだった、
純朱が着替え終えて支度を整えると部屋を出た、 純朱が部屋を出ると同じく
彼女に似た顔立ちの男性が同しく部屋を出た
「「あっお早う」」
その男性の名前は白瀬悟、 白瀬貴崎崎の一人息子で純朱とは双子の兄弟らしい
が。 どっちが先に産まれたかわ分からない
その後三人が一階皆に降りると台所には既に朝食の準備が出来てた、
一体誰がと言うと。
「お早う御座います、 純朱様、 悟様、其れとグレイ、 朝食の準備が出来てます」
悟は欠伸を噛み殺しながら
「ああ…お早うエリン」
純朱は普通に。
「お早うエリン」
「俺は序でか」
身長 160cm 以上ある二人と 1m 前後あるメダロットと比べエリンの身長は
190cmはある、 ほどいたら膝下まで長い髪を三つ網の赤紫のポニーティルを揺らして、長身で華客な体をメイ下服に包んだが、 その大きな胸は隠しそうにも無く、その逆に細く括れ腰は外から絞めるモノか無ければ分かり辛かった、
大きい尻は体型のバランスを取る為だろうかそれも大きい方だ。
形式番号 YX00RS
開発コンセプトは『限り無く人間に近いロボットから。限り無くヒトであろう
とするロボット』として白瀬責崎の弟子、 片瀬間宵が制作した試製作生体アンドロイド、
その為人間と同じ様に食べ物を食べて水も飲めるそれらはエネルギーに変換
する様になってる、 時に依っては専用に開発された充電用のアダプターで充
電も行える様に為って居て自分で充電が行えるが、 部品類は全て片瀬氏の自
作の為、 メンテナンスは大規模に成りがちだ。ただ外観等は当初とは違ってい
て動力が損傷して機能停止後、貴崎が修理がてら改造した為、 最初に制作した
片瀬日く『大幅な改造が施されてる』 との事

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析