ハーメルン
MAW 2+3 medarot cross
新第二話、怪物

「ああ…確かに間違い在りませんね」 片瀬医院と言う小さめな病院の診察室
で片瀬間宵は目の前の患者の話を聞いてそう言った、
「…そうか」そう言われた男性は短めな返事をした、 御年めいた男性は多少論
めの在った顔でだが、 その目は鋭い思っきをしていた。 この人は明らかに単な
る会社員の範晴では無い人なのは分かった
「それて御代は?」その後受付で別の人に会計を済ませた男性は病院を出た
男性が病院を出た後、 営業終了時間になったのか受付の栗林が
「先生終了時間です」
「ああ」
使い捨ての医療器具類を専用のゴミ袋に入れ、 床とソファーに滅菌を兼ねて
掃除をした。掃除を終えた後、 退室した栗林と竹内以外の人の気配がした、 足
音が大凡大人と子供の二名位だろうか、 裏口のドアの鍵が開いた。そしてこう
声を掛けられた、
「あの博士今の人は?」
声のする方へ間育は視練を向けて反事をした
「エリンか?さっきの人は…」
エリンの傍で姫子はロンクスカートの裾を掴んで何か怯えていた
男性の鋭い眼つき以外の何かを感じたのだろう
「あの人の名は黒沢勇人、 黒沢和輝の父親にして、 警視長の現警視総監何だよ」
「あの人は何の理由で此処へ?」
エリンの問いに間宵はこう返事をした
「実の息子にも、部下にも隠していたが。如何やら性同一性障害を抱えていた
見たい何だ、 ただ本人は警察に入った時の頃の気持ちを持ち続けていたから
今日から耐え続けたんだ、」姫子は警戒を解いたのかロングスカートの裾を手
放した。
生体アンドロイドのエリンを制作したのは片瀬間宵なので此処へ来た理由は
「メンテナシスの準備はしてある」 そう言って自宅を兼ねた部屋の一室にあ
る筆前一番下の隠し戸棚から予備部品と器具類の数点が入っていた
6月2日、開港記念日
この日は一部を除いて多くが休業だった、
御祭騒ぎに近しき状態だった。 この日のエクサス日本本社は営業状態だった、
「この日に休日出勤だ何てついて無いな~」 恐らく誰誰かのぼやきが聞にえて
来た
決まった時間で無いのに数名の清掃員が会社のエントランスに入って来た、
何だと思ったけど別に清掃員なら問題無いかと思ったが、 清掃器具の入った
龍が台車の上からパラバラに外れ銃を持った人間が出て来た、 龍を運んだ人
も既に銃を手に取って来た。一人が銃口を受付の人に向けて威嚇すると数名
が中に入った
「動くな」
受付の人は両手を上げた、 社内はものの数秒で制圧された。
警備員が居たが、 真っ先に撃たれ死亡した
「萩本社長も貴崎博士も此処に居ない如何しろと」 幹部の一人がそう悪痴を
零した。
丁度この日貴崎博士が開発段階であった 『第二世代 MPA 開発計画通称『LS
計画』の開発場所』である厚木支社社の視察が在ったからだ
『LS計画』は第一世代 MPA シリーズ、形式番号 MPA=LS ナンバーの『LS』
から取った名称だが、 似たようなイニシャルの意味味合いから 『ラジオゾンデ
(radiosonde)』と名付けた。 同時に街がパニックにになった、 数台のトラックが不意に止まると、 後部のコンテナが開き中から奇妙な形の怪物が解き放たれ
た。
街がパニックになる中、 何者かの声が聞こえた

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析