ハーメルン
MAW 2+3 medarot cross
新第4話 過去

『…そう、 彼、 白瀬悟がまだ 12歳の頃の事だった。
彼は不幸に何者かに誘拐された…この時私は在る理由で日本を離れドイツに
居た、
その情報は在る人の恩意で技術顧間と言うよりも整備を担当する事に為った
特殊部隊から驚された…』
イルナとエリンは互いに立て膝の姿勢に為ってるが、 イルナが頭を前に傾け
たまま動かない、
「…寝て居る様だな」
責崎の問いにエリンは頭を縦にいた。
「まあいい…エリンの方は寝ないで話を最後まで聞いてね」
そう言われたエリンはイルナを抱いたまま座った
『犯人は身代金目的の誘拐と分かった、犯人達は当然『金を用意しなかったり、
警察に伝えたらこの子の命の保証は無い』と脅したからな、だが犯人が立て篭
もってる場所は警察よりも早く特定されたけど、 でその後直ぐに救出作戦を
立てた、立て篭もってる場所、 犯人達の人数等の情報を元に作戦が練られた…
如何して作戦を立案する様に為ったかって?私の持っ技術力に皆が高く評価してな、その人の子供のピンチと聞いてほっとけなかったからだ。日本に向か
い奇襲作戦を決行された、犯人達は奇襲を受けてな。 まさか警察じゃ無く、 軍
の特殊部隊の奇襲を受ける何て想定されなかった。 作戦は成功され犯人達は
皆殺しに遭い、 悟は無事に保護されたのだが…問題は此処からなんだ』
貴崎は少しだけ息を吸って続けて言った
『その後の親族会議がもう大変だったよ、 どっかの馬鹿が『今度こそ出雲学園
に行かせるべきだと』叫んでね、 流石の私も有めるのに苦労したさ』
「…あの…」
「…何だ?エリン?」
「…出雲学園ってどんな所ですか?」
「島根県にある出雲市近くにある小中高一貫校の全寮制の学校だ、 最も其処
に通う人達は皆虐めの被害者、 家庭の問題、 何らかの事件の被害者、 若しくは
その関係者、 世間の目に絶えかねた人達はかりだ」
「…まあっ…そう言う人達は箱庭で育ったせいで勝ち組負け組を何処かで勘
違いした人達が増えるんだ」
「話の続きをしよう」
『問題は如何するか?其処は悩んださ、 で『黒猫部隊』に招き入れた人にその手の相談をしたらその人はこう言った、 『強さが居る』とそしてその人、 『南原
青空』は黒猫部隊の総司令と話をしてな表向きはドイツに三ヶ月間の留学と
言って親族達を賜した、 勿論留学先の教師達は彼が留学した事を知ってた。 勿
論之は嘘だけど…黒猫部隊は何者かって?通常の指揮系統に属さす独立遊撃
部隊の特性と特殊朱部「隊の特性を取り入れた部隊の事なんだ。 事情を知らない
悟は其処で三ヶ月の地獄に等しい軍事訓練を施された、 私は隊員達の武器整
備を行いながらも初代隊長のリースは新城功二の偽名で訓練を受けた悟の訓
練成果や生活態度を毎日記録したレポートを貰っていたんだ、 訓練成果は他
の訓練生と同様に能力の伸びは感じたが。 生活態度の面で多少問題が在って
な部屋の隅で一人舞った事が多いと記載されてる事があってな。 アッチは女
性はかりでしかも年上が多くてな、 同年代の子が居なかった事も在ってな、 そ
んな悟にリースは何度か優しく声を掛けた。 それから徐々に部隊に馴染んで
いた、 …そして悲劇が起きた、 訓練終了まで残り一週間を切った日の事、その
日は部隊の隊員を入れての実戦を想定した訓練でな内容は森林地帯に在る敵

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析