ハーメルン
MAW 2+3 medarot cross
新第6話 メダロードレース

リーズ』の販売は検討中と言う名目で販売はされなかったが。正体の知れない
女性メタロッターにより『ソルジャーシリーズ』の大半が試合で負けて破壊さ
れた事で。エクサスの名誉に傷が付いて以来『MPAシリーズ』の販売が正式
に決まった。
残ったのはノフィリグとムラサメの二体だ
ゴールへの最終ストレート
二体のメタノイドの激しいデットヒート、
自動車と航空機に変形した其々は激しくぶっかり合い、 ノフィリグは細かな
姿勢を取る為に変形したらムラサメも変形した
「いけ」
ムラサメを使用してる男性はそう言った後、 ノフィリグを両腕で掴んで街路
灯に次々とぶつけて破壊して最後は電柱を破壊してノフィリグを大破した、
「なっ…」
相手のやり方にすり落ちる様にフードか脱げた、
「…ンッ、ゴオオォォォォォーーーール」
男性は右腕を高く上げて言った
バトカーのサイレン音が聞こえた。
「ヤバッ!逃げるぞ」
違法レースに参加した若者達は知味の子散らす様に進げた。
翌朝、
警察の実況検分が始まった、 この現場に 本多検事が居るのは仕事を終えて
帰路に着く途中現場に出くわしたのである
「…被害は電線数本、 街路灯数本、 車一台に被害者は男性生一名、 女性一名の死
亡で在ってるか?」近くに居た糸川刑事がこう返事をした
「ハイっそうスッ」
「全くやっと仕事を終えて帰ろうとしたがこんな事に遭遇するなんてな」
捜査官数名が懸命に調べてるが、 その状況を見て居る時、 本多検事はこうぼや
いた。
「それにしても…」
「如何したんすか?」
「現状に対し法整備が追い付かない所かしないのは如何かと思うか」
「そうですね」
現在の法律は地球連邦政府の制定した法律は地球連邦延政府が結成されてから
50年間変わって無かった
そして法改正が中々無いのは巨大化した事が原因だろう
本田検事は現場近くに置いた車に乗り帰路に向かって走った
車の中、眼気覚ましを兼ねてラジオを掛けた、 NHKのラジオ局のでこの時間
だと何時ものニュースの時間だ、
内容は昨日の深夜に起きた違去レースの事だ
「…其れにしても」
昔の頃に…それってどれ位だろうか、今の法律は時に余りに酷くいい加減過
ぎてる、
多重人格者の傷害,、 殺害事件でもちゃんとした物的証拠が在れば相手が何を言っても裁かれるとものもそうだが、 時効制度の復活、
兎に角、 捜査能力の低下の上に罪でも何でも犯人を捕まえれば終わった、 と
一安心するらしい。
捜査能力の低下は犯罪を専門とした専門家の指摘してる部分だった、
別のラジオ番組に変えた、 変えた送局が日本放送だ、
「メダマスターに最も近いとされてるのは噂になってた祐樹きんとみて間違
い無いでしょう」
どうやらメタノイドの公式試合の事を言ってたらしい
アナウンサーが別の事を言ってた、
「其れては聞きますがそんな彼に対するマスタープレイカーは誰だと思いま
すか?」
誰かに聞いてるも様だ、
「…昨日、伊怜明君を打ち破った白瀬悟君か樫伊藍さんを打ち破った二宮純
朱さんのどちらかが有力でしょう」
「…マスタープレイカーか」
車の中で一人咳いた、
「…『マスタープレイカー』か」
『メタマスター』を破る者、 今は王者を破る挑戦者、 若しくは魔王を倒す勇者の様な良き響きに見えるが、 実は余りに不名誉な称号だった

[9]前 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:3/9

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析