ハーメルン
MAW 2+3 medarot cross
新第7話 探偵対…

ある日の事、エクサス日本本社戦略情報部所属の石塚は同じ会社に所属して
MPA シリーズの研究開発主任の白瀬貴崎にある場所へ落ちあう様に直接の
部下のエリナからの伝言を受けた、
場所はまだ本人が知らない飲食店の住所だ
世界中のあらゆる情報を集め其れを元に分析、 其処から結論や答えを解明す
る事が彼の仕事でもある。体格は明らかに太っていたが、 之でも昔は其れなり
にバランスの取れた体型らしく地球連邦軍戦略情報部に所属していたが、 食
い意地が張ってた事が原因らしく、 お陰で軍を止めさせられた過去は在った
が、其れでも石塚を慕う士官が居る事は確からしく中には犯罪組織の一員や
他企業の人間にも関わらずその人に情報を提供する人も居た、
その情報収集能力の高さに目を付けた元士官の人がエクサス社の入社を勧め
た。
その日の夜、
帰宅時、 妻に夕飯は要らない事を先に電話で伝えて目的地の飲食店に向かっ
た。
厚木市内にあると在る飲食店にて、 其処に入って直ぐに先に入店していた貴
崎に手招きされた、 場所は4人がけの普通のテーブルだ、
むかい側に座ると早速こう切り出した
「突然で悪いけど貴方にしか頼めない事だけど良いかな?」
「どんな用件だ?」
「内容は単純、在る人のほとほと諦めて貰いたい相手が居るの」
次に石塚が言おうとしたが店員が来て
「この葉井一つとエビ天一つ」
と責崎が店員にそう言った、 店員は。
「長まりました、 この葉井一つ、 エピ天一つで宜しいでしょうか」
貴崎は頭を縦に振って店員はその場を後にした。
「…で?どんな相手だ?しかも騒すのでは無くほとほと諦めて貰いたい人は?」
「その人の名前は遠野奈音、 所調 『探偵』 さんよ」
「一体何故その人をターゲットにした理由は?」
「理由なら在るわ」
数日前
6月に起きた襲撃事件に遣われたのと同一と思われる怪物がとある間組織の
劣兵として使われた。
悟達はその何体か撃破してその肉片を回収した、 その後怪物は街の彼方比方
に目撃された事から片瀬間宵は彼等にある一つの依頼をした、 内容は。
『キマイラ』と呼称したあの怪物を排除してその破片を回収して、 其処から
詳しい情報を得るには其れしか無い』
と、
6月の襲撃事件に出て来た其れは全て焼却処分されたからだ
つまりは解析するには其れしか他に無かった
「…その後悟達はキマイラの掃討を兼ねてその破片を回収しては間宵か彼女
の娘の姫子に届けさせたの」
「…そうか、 で何時頃から探偵に狙われてた?」
「丁度間組織は放ってからの間宵の依頼から数日後の事よ最初に気付いたの
はエリン」
数日前、
買い物を終えたエリンは途中碧に在った
彼女は撃破したキマイラの血をティシュに染み込ませた後、 其れをビニール
に入れた後、 其れを片瀬の元へ届ける事を言った
何の変哲の無い帰り道だが、 誰かに付けられてる、 誰なのか判らない以上、 不安に為るのは当然だった、
途中、道路に止めてあった車のサイドミラーで男性と思しき人に狙われてる
と分かった、 一寸走ったが、其れでも追いかけて来る、 其れならと思ったのか。
次の曲がり角に曲がって直ぐに反対方向に向きを変えた、
正面衝突をした、 男性と思しき人は背が低いのかエリンの胸にそのまま顔が

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析