ハーメルン
MAW 2+3 medarot cross
新第9話サイビット

それは数年前の事。
筑波氏のある研究所での事、
其処では CLS(サイバティネックリンクシステム)特有の拒絶反応の問題から
ある一つの提案が出た、
それは無理に機械の形を歪に換えてまで人に合わせたり人の形を歪に換えて
まで機械に合わせたりせすにしない方法に TCS(テレバスコミュニケートシ
ステム)の提案がか在った
具体的に言うとテレパシーを疑似再現して互いの相互通信を行う方式だ、
実験段階として電子機器の制御を行う
之の実験に申し出たのは片瀬間宵、
彼女の身体は特殊な実験装置に取り付けた後実験を開始した
最初の段階は小型の機械、 通称 『サイビット』
従来の小型の機械の改造品からては無く基礎設計段階から TCS のデータ収
集用の装置として開発されてた、 その装置を使った実験を間も無く始まろう
とした。
「其れでは実験を開始する」
「…了解」
片瀬の身体は特殊な椅子で固定されてる以外何の手を加えて無い彼女の頭か
ら情報を送信すると同時に情報が流れた、 その瞬間発狂した
多数の研究員達が暴走する複数のサイビットに狙われてた、 何故かサイビッ
トは片瀬を狙わなかったのは皮肉な物だった
余り良く無い噂にサイビットを軍事用の兵器として開発する噂が在ったらし
い、
その後の調査で CLS の不可の軽減を目指した TCs は封印されてサイビット
は同時に封印された
それから後日、 放射能汚染で今も経ちいれ無い筑波氏にエクサス社に関係し
た人が偶然からかサイビットを回収した。
回収したサイビット数機は白瀬貴崎の手元にある、
一先す除染を終え整備を終えていたは良いが二度と動く事は無いだろう
其れは如何してか。
あの時は間宵の不安定なココロの暴走が招いた事であり記憶の一部が当時の
メタルキラーのリーターが雇った女性の催眠術の一種重に因り記憶の一部が遣
られた為だ。
遣られた記憶の中にはあの時の実験が含まれた、
貴崎は電話の受話器を取った、 そしてこう言った
「…もしもし…ですか、 白瀬貴崎です。 サイビットをあの場所に封印して下さ
い、 …はい、 お願いします」
もう動く事の無い小さな牙は何処かの地に運ばれて其処で封印された
横浜市の何処かでこんな噂が起きた、
人間が怪物に変貌する噂だ、
アジア連盟なるテロリストが怪物を使った事が人々に更に不安に陥った
その街の一角の何処かの雑居ビルにて、
「…ア…·アニキ、その遣り方上手く行くんでしょうか?」
「この遣り方なら上手く行けると見たから行おうと考えたんだ」
「でも噂だとガキ達が持ってるのはメタノイドに似て異なる物だと鳴導が」
「その為のアレも用意してある失敗しないわけがわえっ!分かったらさっさ
と遣るぞ」
「ヘッ…ヘイ」
翌日の午後、
姫子は何時もどうりの下校途中だった
歩道と道路を仕切る柵と柵の問に入った瞬間、 30代手前辺りの男性がアメフト選手張りのダッシュをしてその子の口をハンカチ位の大きさの布で塞くぐと
抵抗する間も無く動かなくなりそのまま柵と柵の間に留めてた車に乗せた、
同時刻、
エリンとイルナは買い物途中に突然来た数機のメタノイドに包囲され多数の
ワイヤーで手足を雁字撰めに縛られて動けなくなった後、 その近くに留めて

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析