ハーメルン
MAW 2+3 medarot cross
新第9話サイビット

第二射が放たれる瞬間、 男は人質にするのは止めた。
間宵は以前として叫んでいた、 サイビットの狙いが彼女に入って無い事から
ある事に気付いた、 エリンは間宵を正面から抱き付いてキスをした、
一瞬同様してその次に姫子が、 「御母さん、 御母さん」と何度か言った、
その直後サイビットの動きが止まった、
「…あ」
「良かった、気が付いたみたいです」
「壊れずに済んで良かった」
間宵は自分の子供達の存在に気づいて理性を取り戻した
後にはイルナに抱きかかえられ、 正面にエリンが抱いて右側に姫子が抱いて
いた。
「ほっんと傍迷惑な事をしてさ…でも有難う」
「御前ら何イチャつい…やっちまえ」
倉庫の何処からか謎の生き物が沸いて出て来た、 大凡の見た目は肥虫類の鱗
で覆われた猿に近い
この隙に悟達はメタライザーを取り出した
「「「転送」」」
三体のメダロットが転送されたが、
「共れ位の敵なら私一人でも充分だ」
間宵はそう言うと頭の中で何かを念じたのか目を閉じ両手を合わせた。
完全な制御化に置く事に成功した数機のサイビットが複数の猿モドキの怪物
が次々と撃ち抜かれた、 男達は慌てて外へ逃げたが、 倉庫を撃ち抜いたレーザ
ーを見た人が警察に通報したのか外へ出た途端警察の待ち伏せに遭いそのま
ま逮捕された。
何処かへ飛んでいったサイビットが消えて静かに為った倉庫にて間宵は怪物
の死骸を見つけてこう言った、
「之を回収して、もしかしたら他の怪物の正体が分かるかもしれない」
だが誰も其れを入れる為のヒニール袋を持って無い、
「ふう…持って無いのね」
そう言ったら2機のサイビットが怪物の死骸を息を揃える様に支えて外へ運
んだ。
その後撤収した、
後日、姫子の通う元町小学校に母親の間育が呼び出された、 先日の事件の件に
ついてだ
校長室の前で姫子とその付き添いで来ていたエリンが来ていた
数分間の話の後、ドアが開いた
「姫子!」
「御母さん、私如何為るの?」
「安心しろ、先生方が出雲学園に転校を進められたが断った、だからまだみん
なの所に居られる」
「…本当に?」
「本当だ」
三人は喜び合った、
あの一件以来 TCs を完全に制御化に置けた間宵はサイビットを自らの意思
でコントロール出来る様になった。
ただあのサイビットと TCSは他の人が動かせなくなった、 専門の調査チーム
に依ると完全な制御化におくには精神を高いレベルで安定しないといけない
が彼女程制御出来る人は居なかった。
NEP-09 END

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:3/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析