ハーメルン
Medarot ex second The Lost Origin
Ep03 最初のバトル

あの中学校に刻まれた消えない歴史の傷、
この時を生きる当時の中学生達の中にはこの出来事に納得いかない者達が居
た。
廃雄を根城にした不良達が会話をしていた、 その中学の最大最悪の不良グループだ、
その不良グループにより風紀委員がどれ程の煮え湯を飲まされた、そのせい
で風紀委員を辞めた生徒が居れば彼らに入ってしまったものもいれは酷い時
には大けがを負った者も居た、
「…何だと、其れは本当か?」
「はい、たった一機の戦闘競技仕様のメタロット一機にあいつら三人が敗れ
たそうです」
「風紀委員や生徒会等恐るに足らすと思ったが、 しかし奴は戦闘競技仕様等
何所で手に入れたんだ磯ら羽振りが良くても簡単に買える様な代物では無い筈だぞ?」
「その戦闘競技、通称ロボットバトルの事なんですが」
あの中学校に刻まれた消えない歴史の傷、
この時を生きる当時の中学生達の中にはこの出来事に納得いかない者達が居
た。
廃雄を根城にした不良達が会話をしていた、 その中学の最大最悪の不良グル
ープだ、
その不良グループにより風紀委員がどれ程の煮え湯を飲まされた、そのせい
で風紀委員を辞めた生徒が居れば彼らに入ってしまったものもいれは酷い時
には大けがを負った者も居た、
「…何だと、其れは本当か?」
「はい、たった一機の戦闘競技仕様のメタロット一機にあいつら三人が敗れたそうです」
「風紀委員や生徒会等恐るに足らすと思ったが、 しかし奴は戦闘競技仕様等
何所で手に入れたんだ磯ら羽振りが良くても簡単に買える様な代物では無
い筈だぞ?」
「その戦闘競技、通称ロボットバトルの事なんですが」
自身の情報収集をアピールするかの様な仕草をした後こう言った
「明日、ある御店に新型の戦闘競技仕様のメタロットか販売されるそうです
しかも御値段 10万円」
「よし、明日はあの店に行こう」
「高くて買える訳がないじゃないです…グハッ!ガッ!!」
不良の一人が言い終えない内にリーターに顔を殴られ、 その勢いで壁に叩き
つけれた。
「馬鹿野郎!買うんじゃね。 借りるんだ、 あのメダロットをスクラップにして。
榎井俊一に奴の弟と同じ目に遭わせるんだ!!」
翌日、
彼らの作戦もとい事件が発生した、
店の窓ガラスが割割れて店員が窓を割った悪ガキを追いかけて店員不在の瞬間
に新型のメタロットが数機分のパーツ等を数人で盗んだ。
店員が其れに気づいたのは悪ガキが捕まえ損ねた後だった
櫻井家、 俊一の部屋、
俊一は勉強をしていた、 部屋には俊一の他にサーガイアが居た
「なあ、 俊一」
返事が無い、
「なあなあ」
返事が無い。
俊一が両手で髪の毛をかきむしりながら声に成らない叫びをした。
「アッー!もうっ!!」
我儀とかお節介とは全く違った点が時に俊一を苛立たせた
ドアのノック音が聞こえた
「入って良い?」
ドア越しから声が聞こえた、 声からして誰か分かった。
「隆盛か?入って良いよ」
「うん」
ドアが開いた、
大樹より幼い男の子が立っていた、
「勉強だったら見てやれないよ」
「違うよ、 大樹お兄ちゃんの見舞いにきたんだよ」
「一人で行ける様になったんだ」
「うん」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析