ハーメルン
Medarot ex second The Lost Origin
Ep06 体育祭

俊一の通う中学校で体育祭が開催された
体育祭は屋外の競技が殆どを占めていた為、 俊一は当然参加出来なかった。
彼は父兄用の大型テントの下に居た
夏が過き涼しく成り出した空の下の熱気は俊一は創造しただけでも耐え難か
った、
モノクロに感した景色に白と黒と灰色が出鰭目に混ざり過ぎて、 最早カオス
としか言いようか無い
傍に居た隆盛はその熱気に言葉が出なかった、
父兄のテントはコーナーに差し掛かる所にあった、
短距離走のブログラムの時にスタートで猛ダッシュしたが曲がり切れす父見
のテントにヘッドスライディングの形で飛び込んだ生徒が居た。
飛び込まれた時、隆霊は思わす悲鳴と同時に身を守る姿勢をした、
他の父兄の方も大丈夫と言ったが彼皮だけは身を守る姿勢のまま動こうとしな
かった。
数日前の事。
花火大会で花火を見に来た大勢の客がドミノ倒しに遭う事故起きたのだ、
僕は端っこに居た際行列の外の手摺まで弾き飛ばされて全身を打ったが怪我
する程度では無かったが、 隆盛は下敷きに遭った。
救急隊が到着して輸血や手当が進む中、 隆盛の怪我は内蔵出血に遭い治療に
は輸血が必要だが不幸にも彼に合うo型の輸血パックが切らしてしまったの
だ。
応援の救急隊が到着するのに間に合うかどうか分からない状態の時、 僕は一
つの提案をした。
俊一と隆盛の血液型はo型と分かった、
救急隊に多少の無理を承知で僕の血液を少し採取してそれを隆盛に与えた
隆盛の容態も僅かに安定し始めた、 その後応援の救急隊によって。
ちゃんとした手当が受けられた、
その時の事がトラウマになったのだろう。
母親の結は隆盛に優しく抱き寄せて落ち着かせた、
午前最大の目玉、 赤組、 白組、 黄色組、 青組のそれぞれの音楽に載せて組体操
が開始された、
俊一のクラスを含んだ組は二人一組のコンピネーションを用いた演技を最大
限に行った。
しかし他の組は手続いとばかりに三人一組、 四人一組の演技を行った、
だがある組が人間ピラミッド五段をやって崩れた。
昼、
結は手作り弁当を用意したが、 他の所と比べると多くは無い、
仕事で忙しかったのもそうだが、 元々俊一は運動会に出られないからだ。
午後、
棒回し、
四組のクラスは一斉に棒を横に持ってスタートしてコーンの置かれた地点で
方向転換するのだが、
ある組は棒の端っこではなく棒の真ん中で方向転換をした
他の組より早くコゴールしたがその組はルール違反とされた。
何だかんだで最後の競技が終わり優勝が決まった
白組の勝利に終わった
そして表彰式の後、体育祭実行委員会のテントで小さな声で話が遭った。
その直後、スピーカーの声がとんでもない事を言い出した。
『比れより、模井俊一さんとれま3五月雨3Dクベリカさんによるメダロット
のロボットバトル3本勝負と行きます』
突然の事で俊一が無然とする中上級生に腕を掴まれ日傘を持たされてテント
の外に出された、
グラウンドの真ん中、
俊一の目線の先に日には焼けていたが人形様な美しさは変わらずのれまが居
た、
「アノときノリベンジと行きません?」
「…そうだな、 やるとするか?」
そうして二人はメタライザーを構えて転送のコールをした。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析