ハーメルン
Medarot ex second The Lost Origin
Ep08 逃亡劇の始まり始まり

標井俊一はこの日病院に来ていた
先天性白皮症彼の彼の体は皮膚癌の危険性が高く定期的に見てもらう必要が
ある、
「問題は今の所ありませんね」
医師からの診断結果が出た
「そうですか、 有難うございました」
俊一は深々と頭を下げて礼をした
診察室を出て直ぐの所、I隣の診察室前
「…·あの人は?」
何週間か前の事
弟の大樹に彼女が出来た
ただ彼女と言っても喧嘩友達でしかも不具女子達のリーターとしていた
その母親だ、
悪いと思いながらもその母親が診察室に入ったのを確認してから盗み聞きを
した。
診察室とその前の廊下との間には壁とカーテンしか無い、 外の廊下に出たらその様子を伺うことは出来ない。
医師の声と思われた、こんな言葉が出た。
竹村明名は小児違だと、
ただこの場に明名本人は居なかった。
よほど病院が嫌いだろうか?
その日の夜の事、
大樹の部屋の前、隆盛が何か持って来た。
部屋の中で叩く音が聞こえた、
「何してるんだ?」
「缶ジュースを溢しただけだ兄貴」
俊一の問いに大樹がそう返事をした。
翌朝
大樹は何食わぬ顔で身支度を整えた後そのまま帰って来なかった。
帰って来ないのは大樹だけで無い、
彼の不良仲間達と竹村明名が帰って来ないのだ。
警察に捜索願い出たのは言うまでも無い、
大樹達が行方不明になって一日目、
どうせすぐに見つかると浅はかにと想ったのだろう、
だが夜になっても捕まら無かった、
二日目、
まだ発見されて無かった。
かつて模井俊一、 れま=五月雨=クベリカの居た一年A組のクラスでは、
ある生徒は補習を進められた事に疑問符を付く様な発言をした、
それに対し教師は、
「お前二年の教室に侵入しただろう!」
「何でだ?俺ちゃんと学校に居たじゃん?」
他のクラスの生徒走からブーイングが聞こえたが
「貴様一年の癖に二年のクラスに居たら出席を認めて無いだろうが」
その日の H.Rで。
管てれまの使っていた机で彼女の顔写真とピニール紙を使って葬式ごっこを
していた、
本当に死亡していたとは誰も想っても無かった。
三日目、
遂に一人目が捕まった、
だが大樹と明名では無かった、
理由を聞くとこうだった。
警察に追われた時、仲間の一人が何処かの民家に侵入して誰かを人質を取っ
て別の騒ぎを起こして時間を稼ぐつもりだ。 以前ターゲットにした何処かの
豪邸で侵入した時、
其処で出会った男性に一発で捕まってしまった、
この時はまだ誰も知らないがその豪邸では以前一人の少年が侵入した事が遭
った。
この時は其処で少女と運命の出会いが遭ったが当時は二人には知らない秘密
が有った。
今は誰も分からない、 そう誰も…
四日目、
俊一は隆盛の部屋に入った、
「隆盛、その…リコーターは持って無い?」
「えっ?良いけど?お兄ちゃんのは持って無い?」
「それが…」
昔、虐めっ子に壊された。
それ以来持って無い
「良いよ、 必ず返して」
「ああ。必ず」
俊一は隆盛のリコーターを貸した、
俊一は自分の部屋である曲を奏でた
其れはれまが最後に自分で作った曲、
完全オリジナルの曲と言うこと。 曲の名は

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析