ハーメルン
《竜》の満ちる世界
04―空の襲撃者


「っ、シャルティアッ!ぐ、《閃光(フラッシュ)》ッ!」

 デミウルゴスが魔法を叫ぶと共に、イャンガルルガの眼前で閃光が爆ぜる。

「キュアアアアアッ!?」

 その目晦ましで動きが止まったのを確認し、ダメ押しに普段なら使わないスキルを発動。

「『ジュデッカの凍結』ッ!」

 時間停止スキルが、黒狼鳥を凍り付かせる。それを理解してからの動きは速やか。

「『悪魔召喚』!影の悪魔(シャドウ・デーモン)、奴の影に潜りなさい!」

 調査と、保険。影の悪魔(シャドウ・デーモン)を探知できるのか、そして出来ない、撃破出来ないなら、そのまま忍ばせた眷属を経由して居場所を探ることも出来る。何より、時間が止まっている今ならば、相手に気取られることも無い。

「撤退しますよ、シャルティア」
「何を弱気な………!」
「私が居ては足手纏いです。かといって、完全に単独というのは認められません」

 そう、単独行動は不可能………剛種がレアケースだとしても、だ。

「………チィッ!」

 確かな屈辱を胸に、シャルティアが舌打ちすると共に。

「キュオアアアアアアアッ!」

 黒狼鳥を凍てつかせた力が消失。

転移門(ゲート)!」
閃光(フラッシュ)!」

 それぞれが魔法を発動し、黒狼鳥の視界を封じ、撤退。

 残された黒狼鳥は、無念と憤怒の咆哮を響かせ、どこかへと飛び去った。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:5/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析