ハーメルン
《竜》の満ちる世界
07―決戦

 明け方。ほんのりかかる霧の中で、峡谷に近い地形の只中を、巨体が進む。
 龍のモノであると思われる頭は、よく見ればただの骨。その左右に伸びる足も、龍の太く強靭なそれではなく、細い細い、甲殻に包まれたモノだ。途方もない重量を支える、青銅器を思わせる鈍い色彩の甲殻が一歩、また一歩と大地を踏み締める度軽い揺れが周囲を襲い、崖の一部が崩落していく。その様は、まさしく天災であろう。

「報告は受けていたが………改めて、凄まじいな」

 サイズで言えば、ガルガンチュアが近いだろう。しかし、そういった理屈ではない威圧が、そこには確かに存在している。何より、これがかつて対峙したクシャルダオラと同等の剛種であるという事実が、自身の命がかかっているという事実が、重く双肩にのしかかる。

「モモンガ殿、伝令だ」

 そこに現れたのは、王国最強のマジックキャスターであるイビルアイ。

「スレインより、漆黒、火滅、陽光の三大聖典部隊が援軍に来た」
「………それはまた」
「剛種である、と判っているからだろうな。そして、強くなることが判った以上、これ以上撃退で留める訳にはいかない、と判断したんだろう。そして、それを成し得る戦力がある、というコトも」

 その言葉の重みを実感しながら、モモンガは傍らで震えるマーレを見やる。

「安心しろ、マーレ。私たちも、全力でサポートするのだからな」
「は、はい………」

 そうしている間にも、現地の者たちが必死に作り上げた迎撃地点へと、仙高人は大地を踏み砕き進んでいく。周辺に潜む者たちに気取られぬよう、装備による隠蔽効果を全解除したモモンガたちレベル100勢がそのまま囮となり、かの巨大蟹の意識を引き付けている中、目論見通り龍頭骨を背負うモンスターは、巨躯から予想も出来ない速度で彼らを目掛け、大地を進む。

「では、始めるか」

 と、自身を中心とする巨大な魔法陣を展開―――超位魔法の発動準備に入る。

「離れていろ」
「わかった。その攻撃が、合図なのだな?」
「ああ」

 イビルアイが《飛行(フライ)》で離脱する中、モモンガは目前の火薬地帯を睨む。

(そう、合図だ。この一撃が何処まで通じるかもわからないが、起爆も纏めて行える筈だ)

 そう判断し、手中に忍ばせたアイテムを握る準備をする。

「………」

 静かに、冷静に機を待つ。視界を遮らぬ位置に立つアルベドが、いつでも迎撃できるように盾を構える中、シェンガオレンはひたすらに進み続ける。そして、シェンガオレンが火薬地帯に踏み入るのを確認次第、ユグドラシル時代から魔法発動のタイムラグを熟知しているモモンガが、手中の即時発動アイテムを使用。

「開幕の一撃だ、派手にいくぞ―――超位魔法、《失墜する天空(フォールンダウン)》ッ!」

 炎とは異なる、純然たる超高熱が蒼白の光柱として降り注ぐ。その熱波をモロに浴びた砦蟹から悲鳴の如き呻き声が響く中、周辺に仕込まれた火薬がその熱量により一斉起爆。崖までもが大きく崩れその巨躯を襲い、地下に仕込んだ爆薬の炸裂により、足場も崩壊。その体躯が地面に沈む中、隣のマーレもそれを合図に魔法を発動。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析