ハーメルン
maw sss(ショートセッションストーリーズ)
Maw sss フレーズL lan&ren

新西暦 10年。
大学の会議室から声が聞こえた、
その声の中にはある科学者が、
『人と機械は人機一体である必要がある、 私の提案する 『量子チップ』 を用いたソフト側の
向上が』
だが却下されたの言うまでも無い、
旧西暦の失敗、
それは不便を無くそうと豊かにしようと新しいモノに次々と手を出した事が原因だと言う
事が原因、
新西暦では人々が歴史の授業でそう学ばされてる為か機ら不便でも信頼性が在れば良いと
され、
例えば駅では IC カードの改札が在ってもカードを嫌い切符を買い駅員に切らせてもらい
あるお店の看板には 『いつもニコニコ現金払いの、 お、 み、 せ』 と書かれており知らずに訪
れ泣く泣く泣きを見る羽目に、
ある科学者が大学で教授として教鞭を振るっていた時の頃、
多くの生徒が興味本位で来たけど見向きもされなかったが一人だけその講義に参加してい
た、
その男の人はまだ若い頃の櫻井雷蔵である、
その人は彼を高く評価したのも当然で在った。
だが櫻井雷蔵に開してある可笑しな事が遭ったらしい、
どうも大学のパソコンを一台故障したらしいが具体的にどうしてなのかが分からない、
そのパソコンは粗大ゴミに出す程のダメージを負ったのだけど。
それからだいだい4年後の新西暦 14年 10月2日。
その科学者は櫻井雷蔵にある依頼をした、
『フェアリードール』 と言う人形ロポットの電子機器に自身の設計した量子チップを組み込んでもらいたいとの事、
何故本人がやらないのか?
この頃は大学を後にした事でメタルキラーの格好の獲物と成ってた、
大学に居る間だけは安全だったりする訳だ、
72個の量子チップを半々にして、2体のフェアリードールの電子機器に埋め込んだ、
フェアリードールとは何か?と言うと、
分かり易く言えば、 妖精の様な可愛らしさを持った人形型のロボット玩具、
主に富裕層向けに創られておりロボットを製造していると当時存在していた反ロボットテロ祖織メタルキラーの標的にされるのを防ぐ為に。 簡単な動作と会話程度で、 人間と同様に立って歩く事も出来るが、 バッテリーの充電及び交換が出来ない様に作れており、
バッテリー切れの際そのまま持っておくか捨てるかの何方かとなる、
また外観もメダロットと違い人間の子供をそのまま再現したのだ、
ただ再現したのは顔で関節は人形らしく関節に繋ぎ目がある、
櫻井雷蔵が比れから行っているのは当然。 メーカー保証外の事をしているのだ、
更にはバッテリーも充電式に換装されケーブルも組付けられてる。
量子チップの一つにリミッターをプログラムしてフェアリードールの作動性能を本来のモ
ノより下けた、
改造を終えた後、 大き目のトランクに入れて運んだ、
起動には早い、
互いに都合の良い日の夜、
郊外、
雷蔵がトランクを持って待ち合わせた、
科学者と合流してトランクを渡そうとした直後、
メタルキラーに出くわしトランクを落として蜘蛛の子散らす様に逃げた。
そのトランクは落とした際の衝撃でロックが外れ蓋開き中の子が出てしまい、 その後起動した、
後の事だがその科学者は 『量子チップ」に関する記憶が催眠術で消された、
2人が何なのか分からず誰なのかが分からない。
だが直ぐに分かった事が幾つかあった、 一つかロボットの類、

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析