ハーメルン
maw sss(ショートセッションストーリーズ)
フレーズ5 二人の考え事。

横浜市の何処か、 の建物の中。
白瀬貴崎と片瀬間育が一つの部屋でテーブルを挟むように向かい合わせで座っていた、
テーブルには一つの作文の紙が置かれてた、
作文を書いていたのは貴崎が書いていた。
内容はライトノベルをテーマにしたライトノベルだが、 文書にはアルファベットが書かれ
てた、
一体何を書いていたのかと言うと、
「この文章のこの言葉は海外でとう書いてば良いのか?」
「あ~言葉の事ね」
「そうなんだ、 例えば睦とか」
国によって詰に違いがあって中にはその国には無い意味合いの診や言葉があってうまく伝
わらない事が存在する、
その影響からか。
昔の海外の文章を意訳した際間違えた言葉を書いてしまう事が多々遭った。
「漫画だと絵でフォロー出来たり出来るけど、 文章だとうまく理解出来ないからな」
「漫画でも絵でフォロー出来ても文章の問題が残るしね」
「…まあそうだな」
漫画だと『吹き出し』の問題が有って例えば小さいコマに沢山の言葉を書くと入り切れずは
み出す事もある、
「それらがクリア出来ても伝える側の問題だもんな」
書き手側が気持ちを汲ますに書くと無機質な文章になり兼ねない、
「だったら貴崎はどう考えるの?」
「出来れば御話しの登場人物達の気持ちを汲んていきたいけど」
「でもそれだけで良いと想っている訳」
「なら間宵はどう考えてるんだ?」
「私の場合は時には伝える相手を変えたりその内容にフィルタをかけて伝える事があるの」
「医者ならではの事だよな、 特に重大な事を子供に言わずに誤魔化して」
「何事もストレートも問題だしね」
「確かにね」
小児癌を患った女子中学生の仲間の不良達が女子中学生を脱走した事件が遭った、
この時、癌の事をそのまま言った為に起きた事らしい。
当時、色んな事があった、 不良達の一人に金を渡した少年が居たらしく、
その少年が何時の日にかがあるらしいが…
其処は分からない、
「…で話は戻すけと何をどう伝えたいと考えたいた訳?」
「書き手が以下に苦心して小説を書いているかを伝えるかだよ」
「担当の人に催促を受けながらは如何?」
「主人公が小説家の設定ならそれが使えるけど、 内容を見れば分かると思うが担当の催促
が使えないんだ」
「英語だし何書いてるか分からないけど?」
「担当の催促が使えないのは個人の web 連載に予定日を書いた上に明日が予定日の前の日
何だよ」
「後から詫びのメッセージを入れて書くのは?」
「簡単にかくのは良いけど早々使えないだろ其れは!」
「人って追い詰められた時、 予想だにしないアイディアが出るからね」
「11時59分に完成したと言う感じて終わるのは?」
「それも良いね。間に合えば良いわけだから」
「でも其れをとう表現するの?」
「スランプに陥って陰気臭い空気と鳴き声を出すのは場合によっては何かアレだし」
「一寸した表紙で何か思いついたり上か?」
「何かで足引っ掛けたりして其処からヒントを思いついたのか?」
「ヒントか」
「ヒントね」
「…ー寸した所でヒントを思いついた?な感じて進めてみるか」
数分後、
「…新く出来た」
原稿に文字がびっしりと書かれた。
「…何々。え~と作中劇のライトノベルにテコ入れを入れたね。 闇落ちの類に対して落ち

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析