ハーメルン
maw sss(ショートセッションストーリーズ)
フレーズ6 あの頃の悪夢

画咲在華の名は日野義信がサクライリュウセイを誘拐する時について来て着いた先で名乗った名前、
そのままついて行かない選択肢が存在したがそれだと永遠に会えないのは確実だった。
だがもう一方の選択肢は誘拐犯と共にすると言う愚の骨頂とも言えた。
以前の名前は田村有華、
此れは彼女の昔の話。
とある町の公園、
有華は一人率を持ったまま歩いていた、 この日は両が降った訳では無い、
昨日学校に置いたまま忘れてしまったのだ、
有華が公園を通り過ぎようとしたした時、
大の鳴き声と女の子の悲鳴が聞こえた、
有華が声のした方へ駆けつけると、
ジャングルジムの天辺まで登った女子中学生とジャングルジムの根元て吠えてる犬が居た、
「ヤメテー!ヤメテー来ないで一!」
有華は止む無く手にした傘でジャングルジムで吹えてる大に対して攻撃をした、
レイビアの要領で傘の先端を突き、 野良大が住み野良大が反撃に突進したが、 有華は竹刀の
要領の傘で叩いた、
大が悲鳴を上げると尻尾を巻いて逃げた。
ジャングルジムの天辺まで登った女の子の制服は有華が来ているモノと同じ、
「同じ中学の…あの子は?」
そう考える間に女の子はジャングルジムから足を滑らせ地面まで転席した。
後に名前が判明したのが堀河涼花、田村有華と同じ中学に通う女子生徒と判明した、
転落した堀河は足を骨折、 全治一か月とされた。
悪夢は一か月後だった。
有華は何故か涼花につき護まれた、
涼花は有華の事で一方的に好意を抱いて居た。
あの時の出来事も妄想で改悪した、
中学ではこんな事が日常茶判事だった、
逃ける有華と追いかける涼花、
「待って~有華ちゃん~」
「来るんじゃない!」
捕まえると同時にそのまま押し倒して、
「ねえねえ、剣道部目指さない?ニ人で全国にたとうよ~」
「無理言うな!第一うちの学校は部活動は基本的には無いの」
「はっ?何それ?分かんないよぉ?」
そう言うと有華の首を絞め始めた。
流石にこれは周りが止めた、
そんなある日の事、
涼花は棲井大樹に田村有華の好きな者食べ物の事を聞かれた、
不良達との喧嘩が中々絶えす近寄りがたい感じ大樹に質問をして来たのだ。
同い年仔達は出来れば次男の大樹より長男の俊一に質問したかったのだが、
大樹は意外と素直に質問に応じた。
「なら教えてやるよ、 内料理だ」
涼花は喜んだ表情で走った、
去った後で言った、
「馬鹿めが余計に嫌われるな」
実は有華は肉が駄目と言うのも、 昔ステーキ、 ハンバーグ専門店で食中毒に遭った為である、
後日、
涼花は朝作ったハンバーグのお弁当を有華の為に持って来た、
嫌い抵抗する有華、
無理矢理口に押し込もうとする源花、
有華の口にハンバーグをねじ込んだ後、
有華は顎を数回上下した後、
細かく砕いたハンバーグを西瓜の種を口から飛ばす要領で涼花に向け飛ばして来た、












「はっ!…………………………………………あっはあ~嫌な見たな」
今は園咲在華と名を変えた女性が悪夢から目を覚ました、
皮膚には多量の干が噴き出た、
「ああ…こんな時は二度寝して·ても消えないか」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析