ハーメルン
恋姫†無双 ~漢ノ朱儁ココニ有リ~
十三

 黄巾賊が平定され、荊州は落ち着いた。そのため、一刀たちは帰還する事となった。一刀は洛陽へ。そして炎蓮たちは揚州呉郡へ。
 本当は、一刀は炎蓮たちに居て欲しかったし、炎蓮たちも一刀の側に居たかった。だが、お互い何時までも本拠地を留守にする訳にはいかず、泣く泣くお別れとなった。
「一刀、危なくなったらまた救援を呼べ」
「一刀、十常侍には気をつけるのじゃぞ」
「一刀くん、いつでも呉に来て良いからねっ」
 炎蓮、祭、粋怜が別れを惜しんで一刀に声をかける。特に、粋怜は過保護とも言えるくらい、一刀に最後までべったりだった。
 孫家との共同戦線は、すごく充実した時間だった。実際に孫家の戦いを間近で見られて凄く参考になったし、昔みたいに炎蓮らに暖かく迎え入れられて、凄く嬉しかった。
 ただ、まさか祭や粋怜ともセックスする事になるとは、全く想像していなかった。それでも、子供の時に大変可愛がられ憧れてたお姉さんたちと、愛し合う事が出来て一刀は物凄く幸せだった。
 そして一刀配下の揚州兵たちも、孫家の兵たちと別れを惜しんでいた。一刀の出身地である会稽郡は呉郡の隣に位置しており、その事から元々お互いに顔見知りの兵たちも多い。中には親戚同士という兵まで居た為、孫家は言わば家族みたいなものであった。
 そういえば、今回は戦場に来ていないが、炎蓮の娘の三姉妹はどうしてるだろうか。一時期炎蓮に匿われた際、そこで三姉妹とも知り合い、一緒に遊んだ事もあった。思い返せば、揚州の何もかもが一刀は懐かしかった。楽しかった子供時代を思い返して、一刀は少し泣きそうになる。
「やだもぉ、泣かないのっ。男の子でしょ」
 自分も瞳を潤ませてべったり引っ付いてる癖に、粋怜がそう言って一刀をからかう。だが、その口調は物凄く優しかった。
「戻りたくなったら、いつでも来るのじゃぞ」
 そして祭からも暖かい言葉。それもまた、一刀は嬉しかった。
 だが、自分は将軍の身であり、職務を投げ出すにはいかない。将軍として絶対にこの乱世を早く終わらせた上で、そして揚州に凱旋する。一刀は粋怜と祭に抱きしめられながらそう決意していた。


✳✳✳✳✳


 荊州の黄巾賊を平定し、洛陽へと帰還した一刀。だが、そこに楼杏の姿はあっても、風鈴の姿は無かった。
「何だと……」
 楼杏から話を聞いた一刀は、自分が聞いた事が信じられず耳を疑う。
「私も信じられないのですが、捕縛されてるのは事実なのよ」
「……ちょっと、行ってくる」
 しかし、どうにも納得がいかない一刀は、楼杏をともなって傾の所へ向かう。大将軍である彼女なら、何か詳しい事情を知っているかも知れなかったから。あの風鈴が、黄巾賊と内通して戦おうとしなかった等という戯言が、一刀には信じられなかった。

「……どうやら、宦官の左豊に賄賂を渡さなかったのが、讒言の原因らしくてな」
 傾が、風鈴について調べた事を話す。だが、その声は周囲を気にしてひそめられたものであり、それだけ宮中が危険な場所になっているという事を示していた。
 戦の最中に陣を視察に来た左豊が、風鈴に賄賂を要求する。当然、風鈴はそれをはねつける。その結果、讒言によって内通の罪で捕縛され、牢に繋がれたという事だった。
「……そこまで腐ってたか」
 一刀は呟く。顔こそ無表情だが、内心では怒り狂っているのは明らかであった。
「一刀、早まるなよ。私も天子様に掛け合うからな」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析