ハーメルン
恋姫†無双 ~漢ノ朱儁ココニ有リ~

 さて、風鈴と楼杏をまたたく間に(性的に)食ってしまった一刀だが、彼は別に乱食いを楽しんでいた訳ではない。彼はとある目的の為に、かねてから風鈴や楼杏と昵懇になろうとしていたのだ。正直に言えば、まさか風鈴や楼杏と恋仲になろうとは、当初は全く予想していなかったのだ。
 一刀の目的とは、大将軍の傾を中心に将軍職のものが一つにまとまるという事であった。彼はその橋渡しをしようと、日々奮闘していたのだ。というのも、風鈴も楼杏も二人とも、傾の事を良く思っていなかったのだから。
 現在、武官の最高位を傾が務めているものの、実質的に朝廷で権力を握っていたのは、張譲を筆頭にした十常侍という宦官集団であった。これらは帝の近侍であるのを良いことに職権乱用を繰り返し、朝廷の腐敗を進めている張本人だといえた。
 一刀の最終目的は、この十常侍とそれに連なる者を排除し、漢王朝の立て直しを図る事である。その為には、大将軍の傾を筆頭に、将軍職の者が団結して対抗していかなければならない。
 ただ、先述の通り、風鈴も楼杏も傾の事を快く思っていない。風鈴に関しては、一刀という可愛い後輩が傾によって肉便器とされているという事が、傾を嫌う理由である。そして、楼杏に関しては潔癖な彼女らしく、賄賂を平然と受け取る傾の人間性そのものを疑問に思っていたのだ。
 彼女らのその認識のどちらも、誤解だという事を示す必要があった。今は各地で反乱が起きている為、将軍職の者に使い道があるが、反乱が収まればお払い箱である。下手したら、十常侍によって消される可能性すらあった。先に手を打たねば、こっちがやられるのである。
 しかし、どうやって彼女たちの誤解を解けばよいのだろうか。
(……あの方法しかなさそうだな)
 一刀はそう決意する。


*****


「一刀くんが来て欲しい所って、どこかしら」
 いつもの通り、洛陽の街中での逢引(デート)を楽しんだ後、一刀は左右に風鈴と楼杏の二人を侍らせながら、とある場所へと誘導していた。
「来れば分かるよ。ちょっと大事な話があるんだ」
「何かしら。大事な話って、もしかして……」
 結婚の話とか、と内心で少し期待する楼杏。
 だが、彼女のその期待が外れているという事を、すぐに知らされる。
「ここって……」
「何進様のお屋敷じゃない」
 風鈴も楼杏も、なぜ傾の邸宅に連れてこられたのかが分からない。元々、あまり好きではない相手の家なのだ。二人が戸惑い、躊躇するのは当然だった。
「いいから、いいから」
 だが、一刀はお構いなしに二人を引っ張っていく。そしてそのまま傾の邸宅を訪ねてそのまま中に入ってしまった。


「え、これは一体……」
「予想してたのと全く違うわね」
 傾が留守だったため、邸宅に仕える家人たちに案内をお願いし、そのまま部屋に居座る一刀たち。だが、その室内の様子に、風鈴も楼杏も絶句していた。
 とにかく、物が無い。いや、寝台や机など、必要最低限の物はあるのだが、それらの物もどう見ても古い物ばかりで、華やかさが何一つなかった。思い返せば、家人の服も庶民が来ている物と全然変わらず、何も知らなければ、これが大将軍・何進の邸宅だと言われても信じなかっただろう。
 どこを見回しても、高価そうなものが何一つ無い家。一体、傾は商人たちから受け取った賄賂をどうしているのだろうか。
「……これが、真実だよ。皆、傾の事を『守銭奴』とか色々言うけど、贅沢は一つもしてないんだ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析