ハーメルン
恋姫†無双 ~漢ノ朱儁ココニ有リ~
九 炎蓮

「んっ♥ んおぉっ……どうしたっ。この程度でへばるには早えぞ……んんっ♥」
 一刀に馬乗りになって腰をくねらせているのは、炎蓮。彼女は最奥に感じる一刀の肉棒の感触を楽しみながら、挑みかかるような眼で挑発するように腰を振りたくる。
「んんっ♥ 一刀ぉ……前より鈍ってんじゃねえか……んはっ♥ くあぁぁっ♥」
 甘く喘ぎながらも、炎蓮は一刀の胸板に両手をつき、快感を貪り続ける。それに対し一刀の方は炎蓮の淫らな責めに圧倒されているように見えた。
 やはり、炎蓮のナカは桁違いであった。一刀にとって、傾や瑞姫、そして風鈴や楼杏とエッチした時も最高に気持ち良かったのだが、炎蓮のそれは一味違った。一刀の大きな肉棒を深く根元までしっかりと咥え込んだ上で、膣壁を絡みつかせて微妙な煽動で刺激を与えてくる。三人の子を産んだとは思えないくらい締め付けも良く、いわば最高の名器だった。
 それだけではなく、年を重ねてなおも張りを失わない柔肌はみずみずしく、触れれば吸い付くような肌触り。炎蓮がくたぁっと一刀に身体を預けるように覆いかぶされば、むっちりとした巨大なおっぱいが胸板で押し潰され、大人の質量を実感させるほどの重量感。もちろん顔も一刀が思わず見惚れるほど美人で、つまり炎蓮という女そのものが『良い女』だった。
 そんな『良い女』が、一刀の全てを貪り食らおうとしていた。炎蓮は一刀の唇に自身のそれを重ね、噛み付くような口づけをする。そして舌を絡ませ、もげそうなくらい強烈に吸い付き、深く甘い口づけに没頭する。
「ふむっ♥ んふぅ……ん、じゅるっ♥ じゅぱっ♥ んぅぅ……んはぁっ♥ 一刀ぉ♥ オレに唾飲ませろ……んっ♥ んちゅっ♥ じゅるぅっ……」
 炎蓮は一刀の口内を貪り、唾を舐め、啜り、嚥下する。そして、彼女自身も一刀の口に唾を流し込み、味わわせる。その甘い蜜のような味に酔いしれ、一刀はだんだん我を忘れていく。そんな彼の様子を間近で見て、炎蓮は嬉しそうに目を細めた。
 しかし、まだ足りない。まだまだ物足りない。ずっとご無沙汰だった身体は、こんなものでは鎮まりはしない。炎蓮は一刀の胸に手をついて上体を起こすと、再び腰を振りたくって快感を貪る。
「一刀どうした? 都で何人も女抱いたんだろ。もっとオレを満足させろっ!」
 そう言って、ぱんぱんっと音が鳴るくらい何度も腰を打ち付ける。その強烈な刺激に一刀は何も考えられなくなり、無我夢中で腰を突き上げ始めた。
「んほぉっ♥ おぉぉっ……そうだっ! もっと突けっ! オレを壊すくらい、もっと突けぇっ!」
「んあぁぁっ……炎蓮、炎蓮っ!」
 炎蓮の情交に応えるかのように、一刀も彼女の腰を掴んで引き寄せながら、肉棒を下から何度も何度も突き刺す。炎蓮が待ち望んでいた、子宮にまで響く強烈な一撃に、彼女はケダモノのような魂の篭った叫び声を発する。
「んお゛ぉぉぉっ♥ お゛ぉんっっ♥ お゛ぁぁァァっ♥ あ゛あ゛アぁァァーーーっ♥」
「うぁああぁぁっ! もう出るぅぅっ!!」
 しかし、普段よりも圧倒的に早いタイミングで、一刀は炎蓮のナカに射精してしまう。彼女があまりにも良い女過ぎて、我慢ができなかったのだ。
「んがぁぁぁっ♥ あ゛ぁぁぁーーーっ♥」
 そして、炎蓮も膣内を満たす精液の感触に、歓喜の声を漏らす。子宮を中心にジワジワ広がる熱い感覚に、彼女もまた酔いしれていた。
「はぁーっ♥ はぁぁぁーっ……あぁっ……もう、出したのかよっ」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析