ハーメルン
鈴木悟の職場の先輩が、ユグドラシルのサービス最終日に新規ユーザー登録しました
ネコさま大王国

▼▼▼
「初めまして、私はバステトと申します。
そして此処は、カン様を上主とするギルド【ネコさま大王国】。
…跡の表現が、今は正しいですね。」
アインズ達の前に現れた、猫耳の小柄な少女が名乗り出た。
 
「ネコさま大王国だとっ!?」
「し、知っておられるのですか、アインズ様?!」
「うむ!」
 
◆タナカside◆
ネコさま大王国。
鈴木が言うには、プレイヤーとNPCの全てを猫系キャラで統一させた、猫大好き人間達が立ち上げたギルド。
武術大会等の運営主催イベントで、一部のプレイヤーが強力なのは知られていたが、基本的には非戦闘な まったりギルドだとか。
イベントによるレア・アイテム入手等、大した実績情報も無く、拠点だった位置もAOG(アインズ・ウール・ゴウン)的には何の価値も無い場所だった事から、ゲーム攻略面で絡む事は無かったと云う。
 
「たっちさんが、此処のギルメンは凄く強く、出来れば争いたくないと言っていたな。」
「何と…あの、たっち・みー様が…?」
鈴木の台詞に、デミウルゴスが えらく驚いている。
その たっち・みーサンとやらは、俺は鈴木やセバスから少し話を聞いてる程度だが、兎に角 鬼みたいに強く、人格者。
DQNギルド(アインズ・ウール・ゴウン)屈指の良心にして、戦闘面に於いてはエース筆頭な存在。
ついでに鈴木のゲーム内での恩人だとか。
 
「たっち…みー…?」
そして その名に、猫耳少女も反応。
 
「それは嘗て、第7回アースガルズ格闘大会の準決勝でリリー様、そして決勝でサマヤ様を退け、世界王者(ワールド・チャンピオン)となった蟲人の事ですね。
…黒ローブのスケルトン。
そうですか。貴方が、あのモモンガ。
そして、アインズ・ウール・ゴウンの皆様…でしたか。」
たっち・みーの名が出た事から連鎖的に、目の前の骸骨(スケルトン)鈴木(モモンガ)と判断。
必然的に俺達が、アインズ・ウール・ゴウンだと分かった様だ。
 
「如何にも。
そして今は そのアインズ・ウール・ゴウンのギルド名を、我が名として名乗らせて貰っている。
私の事は、アインズと呼んでくれ。」
 
 
◆タナカside・了◆
 
≫≫≫
 
◆デミウルゴスside◆
「……………………!!」
「…………。(コクン)」
アインズ様からは事前に、『良いか!ユグドラシル関係者と遭遇したとしても、向こうから仕掛けない限りは絶対に手を出すなよ!』と厳命されておりました。
そして今 改めて、アイコンタクトで それを伝えられたので、頷きます。
あのバステトとか云う猫娘のアインズ様タナカ様に対する態度に、少し思う処が有ったのですが、支配の呪言も駄目なのですよね。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析