ハーメルン
鈴木悟の職場の先輩が、ユグドラシルのサービス最終日に新規ユーザー登録しました
アインズ・ウール・ゴウン魔導国

 
「ど…どうなってんだよ?!」
 
≫≫≫
ユグドラシルプレイヤー、セージ・タナカ(本名:田中誠司)は困惑の中に居た。
DMMORPGユグドラシルの提供サービス最終日、話の(ネタ)にと新規ユーザー登録して数時間。
特にイベントをこなしてゲームを進めるで無く…これも ある意味でイベントかも知れないが…最初の拠点の町周辺に大量発生したレア?モンスターを狩っていた。
最終日新規登録ボーナスで得たスキルをフルに活用し、着実にレベルアップ。
そして、視界の右上角に見える時計の日付が変わる迄、残り5分となった頃。
 
 
そろそろ終わりだな…
締めは運営の、ユーザーに向けての感謝メッセッージでも流れるかな?
ん~、他のプレイヤー曰く、『クソ運営~っ!!(怒)』…らしいから、それも無いか?
 
 
…そんな風に考え、残り1分を切ったが、そんなメッセッージが発せられる気配は一向に現れない。
そして、時刻は0:00を表示。
 
ぐにゃぁ…
 
「…へ?」
最期の刻となった時、タナカの視界、目の前の背景は一瞬ぐにゃりと歪み、次の瞬間、辺りは平原から一変、薄暗い森の中。
 
「え?えぇえっ?!」
困惑するタナカ。
兎に角、色々な意味で異様なのだ。
まず、視界の上側に表示されていた時刻表示や、自身のステータス欄が消えている。

「運営とも繋がらない?」
更にはゲーム運営に現状を確認しようとするが、GMコールも機能せず。
 
「マジかよ…?」
そして何よりも、本来はゲームでは体感出来ない筈の嗅覚を…草や土の匂いを認識出来ているのだ。

 
ズズズ…
 
「………!!」
何が どうなっているか解らないタナカの足元、地面が膨れ上がったと思えば、其処から現れたのは、幾本もの蠢く蔦。
 
『『あ゙~~~~~~~…』』
これが、一斉にタナカを襲い掛かってきたのだ。
 
▼▼▼
「ど…どうなってんだよ?!」
蔦を…そして地中に潜んでいた、その本体である植物系怪物(モンスター)を撃退し、完全に先程迄のゲームの世界との違和を実感するタナカ。
今の戦闘、ゲームの初期設定で得た【物理攻撃無効】や【魔法攻撃無効】、【状態異常無効】の効果は生きていたが、その攻撃ダメージがキャンセルされる感覚は、先程迄とは全くの別の物。
…その後も幾度と魔獣の集団と遭遇(エンカウント)しては それを斃し、この殆んど光の注さぬ森林を抜けたのは、数日後の事だった。
 
 
もしかして、これって現実(リアル)
ハハハ…まさか、ね…
 
 
…やはりゲームでは感じる筈の無い、疲労や空腹を感じながら。
そして その頭に過る、真実(こたえ)の可能性を否定しながら。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析