ハーメルン
鈴木悟の職場の先輩が、ユグドラシルのサービス最終日に新規ユーザー登録しました
Dangeros Suplex Combo

▼▼▼
 
ダダダッ…!
 
タナカに向けて突進する、純白の蜥蜴人(リザードマン)、バーザリュード・シャシャ。
彼は他の異形の者達と違い、今回のタナカのナザリック入りに、それ程迄の抵抗は無かった。
但し、タナカの実力を披露する模擬戦を行うと聞き、その実力に興味を持ち、それに参加。
実際に闘技場で相対し、その存在感から只者では無いのを実感した彼は、間合いに入ると同時、出し惜しみ不要で己の最大級の技を繰り出す。
 
氷結爆散(アイシー バースト)!」
 
ドゴォォォッ!!
 
氷の魔剣『凍牙の苦痛(フロスト ペイン)』から放たれた冷気が巨大な氷の塊を、そして周囲に氷のフィールドを作り、爆裂する。
普通に直撃すれば、氷属性の斬撃と爆発を一気に受ける、必殺級の技。
 
「…ッ!!」
タナカは これを、バックステップで回避。
 
『おぉーっと!
開幕一番、バーザリュード・シャシャの強烈な一撃!
しかしタナカ様、それを華麗に躱す!』
「ふむ。今のは中々のスピードだったよ?」
「アレヲ躱ストハ…」
「凄いでありんす…!」
「流石はタナカ様ですぅ!」
「はい…。確かに今のは、躱したタナカ様の方を、見事だと称えるべきでしょうな。」
「当~ぉ然♡」
アウラが実況アナウンスする中、闘技場観客席の僕達は、初めて見るタナカの動きに感嘆。

「速いっ!」
「決まったかと思ったぞ?」
その僕達とは少し離れた席で観戦していた鎧の人物と幼女も、驚きを隠せない。
 
「ん~、どうせ先輩、ダメージ受けないんだから、避ける必要は無かったんだけどね?
とりあえずは様子見かな?」
そして この2人と一緒に闘いを観ていたアインズだけが、冷静に戦況を窺っていた。
 
「凄い攻撃だな…
よし、ならば俺も、本気を出させて貰う!」
「む?!」
そんな中、タナカの顔付きが変わり、
「覇ァアアアッ!!」
 
ボォゥワッ!!
 
己が体内を巡る闘氣(オーラ)を、一気に増幅させる。
 
バリバリィッ!
 
これにより、タナカの胸元が、腕が、脚が…身体全体の筋肉が膨れ上がり、着用していた旅人の服を内から引き裂いた。
そこから露になったは、正に筋肉の塊の表現が相応しい、鍛え上げられた肉体。
肌は濃い朱に、黒い短髪は黄金に燃える鬣に。
そして換装された白い鎧。
その場に姿を見せたのは、頭部に鋭い3本角を生やした人獅子(ワーライオン)だった。
 
▼▼▼
 
◆セバスside◆
ななな…何ですとぉーーーーーっ!??
タナカ様の筋肉が膨張、それによって着ていた服が破れる。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/6

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析