ハーメルン
ウマ娘耳かき小説
ダイワスカーレット

今回、ダイワスカーレットが耳かきを「してもらう」側となっております。


感想によりウマ娘の耳は真っすぐで体の位置を変える必要はないとのご指摘がありましたが、これは作者が普段の耳かき小説の癖で人間と同じ部分の耳掃除を前提で書いたためです。

コメントを頂いてから改めて調べましたが、ウマ娘のウマ耳部分が普通聴覚器官として働いてるようですが、人間部分の耳がないという明確な描写はなく、またウマ耳部分の耳掃除は現実では温めたタオル等で掃除するものだという記述がありましたので、基本的には描写がない限りはウマ娘に耳掃除をする場合、人間と同じ部分の耳をしているという事でお願いします。
[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:0/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析