ハーメルン
Fate/GRAND Zi-Order ーRemnant of Chronicleー
絶望VS希望1431

 
 
 
「さっさと気付きなさいよね……!
 サーヴァント二人相手に挟まれたらどうしようもないんだから……!」

 実際のところ、気付いたって間に合うかどうかは怪しい。
 彼女の位置をカルデアに伝達する―――
 こうして街を爆発炎上させるという事は、相手にも自分の位置を教えているわけだ。
 どうせ隠れたって見つかるだろうから、こっちの方がマシだと判断したけれど。

 ここがどういう状況か、カルデアはそれを下調べしてから動くだろう。
 ()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()、という情報を前もって手に入れてなきゃ、爆発が起きたのを見て即断即決なんてできるはずもない。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/11

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析