ハーメルン
Fate/GRAND Zi-Order ーRemnant of Chronicleー
愛憎閉幕!!1910


 ()()()()が足りなくなって、舞台劇としての崩壊に決着した。
 歪んだ物語は、結末に着陸することさえなく破綻した。

 関節が砕け散り、崩落する巨体を見上げながら。
 竜の魔女が剣を引き、腰に下げた鞘へと刃を納める。

「おさらばです」

 最後に一言。
 そうして彼女は、己を憎む心に塗れた役者を嗤う。

 崩れ落ち、積み重なる怪物の四肢だったもの。
 己の裡に抱えた恨みつらみを唄う、天使には程遠い声で歌い続けていた怪物。
 虚ろになったその残骸が、オペラ座の舞台だった場所に転がった。
 
 
 

[9]前 [1]次話 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:16/16

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析