ハーメルン
Fate/GRAND Zi-Order ーRemnant of Chronicleー
暴走赤カブト2006

 ソウゴたちは咄嗟にそれを視線で追い―――ウォッチが虚空で消えるのを見た。
 その魔力の波動を察知したクロエが叫ぶ。

「―――転移よ! あれ自体の魔力で、どこかに転移を……!」

「また誰かをアナザーウィザードに……!
 ウィザードのウォッチを手に入れるつもりじゃなかった……!?」

 彼らのその反応を見ていたスウォルツが喉を鳴らす。

「既にアナザーウィザードはアナザーライダーの()が記録した。最早ウォッチは要らん。
 さて。俺たちはこの特異点からはもう離れるが、せいぜい気を付けることだ。
 偶然にも、貴様が弾いた俺の攻撃が奴の縄張りを荒らしたようだぞ?」

 そう言ってスウォルツが笑った。
 ―――その瞬間。

 新宿を揺らす獣の咆哮が轟いた。
 縄張りに踏み込まれた時より遥かに、圧倒的に強い咆哮。
 その衝撃が周辺一帯のビルを揺さぶり、僅かに残っていた窓硝子などを微塵に砕く。

『―――さっきの攻撃だ! 弾かれたギンガの攻撃が、国道まで突き抜けた!
 結果として道路が一部粉砕されて……ライダーが動き出した!』

「アナザーカブト……!」

 ロマニの声を聞いて、即座にジオウがウォッチを取り出す。
 もはや一秒さえ猶予はない。
 相手は動いた瞬間にこちらを蹂躙できる、光速の疾走者。

 そんなジオウに肩を竦め、スウォルツが飛流の肩を掴む。
 そのまま彼らは紫色の光に覆われる。
 飛翔を始めたそれは、時空の狭間を空高く開いてその中へと消えていく。

「クロはみんなと一緒に下がって!」

〈ドライブ!〉

 速度で対抗するためにドライブウォッチを構えるジオウ。
 そんな彼の言葉に、クロエが酷く渋い顔を浮かべた。

「下がるって、どこまで下がればいいのよ!
 こっちまで来た場合、国道から離れても意味ないってことじゃない!」

 先程の咆哮だけで分かる。
 今のライダー、アナザーカブトは、初見の時よりも明確に()()()()()
 最初の時は、ライダーの縄張りへ侵入しただけだった。
 だが今回の自分たちを、相手は縄張りに対し攻撃を行った侵略者と見ているのだ。

 今回は恐らく走り抜けるだけではない。間違いなく、追いかけてくる。
 疾走でさえ防ぐ方法がないというのに、狩猟などされたら猶更止められない。

[9]前 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:11/12

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析