ハーメルン
Fate/GRAND Zi-Order ーRemnant of Chronicleー
暴走赤カブト2006


 その上で、エドモンは酷く顔を顰めた。
 何よりカルデアに接触できないのは、あの異物がそこにいるからだ。
 あんなあからさますぎる怪しさ。
 あれには何も考えが無い、などと思えるはずもなく。

「―――そして一番の謎は。なぜ、こんな()()()を導入したか。あの男は敗北こそが結末だ。こんな世界では、こんな世界だからこそ、如何に奴とて滅びからは逃れられない」

「落ちる滝がないから無事で済む、とかか?」

 ひとしきり笑った後の、茶化すようなアンデルセンの言葉。
 その冗談に軽く眉を上げ、エドモンが足を止めて振り返る。
 彼はそこで腕を持ち上げて、口元に持って行こうとして。

 ―――何かに気付いたように、そのまま帽子のつばに指をかけた。

「ユニークな発想だがナンセンスだ、ミスター・アンデルセン。
 ―――そう、滅びから逃れられない。
 オレには奴が、自分の前に敗北の運命を敷き詰めているように見える」

 下水道の天井。
 その先にある空を見上げながら、彼は目を細める。

「ほう。自分が敗北するまでの道を整えている、と? ではどうやって。
 相手を追う銃弾。そして、“バレル”。そして幻霊と英霊を融合させる手段。
 推理の材料としては、十分な証拠が揃っていると見えるが?」

「……核となる英霊の正体は見紛うはずもない。使われた幻霊の正体もまず間違いない。
 “バレル”―――その銃口を向ける相手は見極めたと言っていい。
 弾倉に込めるための弾丸として、何が装填されるかも十分に推測可能だろう」

 挑発するようなアンデルセンの物言い。
 エドモンはそれに淡々とした声で言われるまでもないと返す。

「かつて探偵と悪党がライヘンバッハの滝に諸共に落ちたように、自分も相手も纏めて滅ぼす事を願うのであれば、自分の滅亡を補強する事に意味があるとは言える。弾丸が放たれる事が自分を滅ぼす事になるならば、アレが滅びを背負う事は弾丸を強化する事に繋がるから。奴自身が持つ“敗北の運命”によって自分を滅ぼす余波で、()()()()相手を滅ぼす」

 “勝利の運命”も、“敗北の運命”も覆せない。
 そういう世界に導かれているのが、この特異点だ。

[9]前 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:2/12

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析