ハーメルン
学園お抱え装蹄師の日常 
1:造蹄

 
「おい、旨そうなモン吸ってるじゃねえか」

 今度はよく聞き知った声がする。
 今日は来客の多い日らしい。
 
「一本どうだ?」

 装蹄師の男は声のしたほうに、煙草の箱を差し向ける。 

「やめとくよ。娘どもは匂いに敏感なんだ」

 キャンディーを咥えた男は、同年代の沖野トレーナーだ。

 年齢もほど近く、彼が最初に担当したウマ娘の蹄鉄に問題が発生した時、対応にあたった時からの付き合いである。
 稼業違いではあるが、仕事自体はウマ娘を通じてつながっているため、お互い気安い同僚、といった関係だ。

「どうしたんだ。まだ娘どものトレーニングの時間帯だろうに」

「今日は少し早めに上がりだよ。ここのところ、練習が上手くいきすぎててな。ちょっとみんなオーバーワーク気味なんだ」

「ほーん。そんなこともあるのか」

「あるよ。まあ年頃の娘たちだ。調子の上下はそれなりにある。ここ最近はたまたまうまく噛み合ってるのさ」

「そんなもんかね」

 男は紫煙を細長く吐きだす。
 沖野トレーナーは羨ましそうに、口の中の飴をかみ砕いた。

「そういやさっき、久しぶりにいい槌音が響いてたな。なんか直してたのか?」

「…? あぁ。ひさしぶりに蹄鉄を打ってみたんだ」

「…蹄鉄を?」

「あぁ。鉄の棒から叩き起こした」

「お前、そんなことできたのか?」

 心外である。
 
「一応これでも装蹄師なんだぜ」

「そりゃ知ってるが…そんなこともできるんだな。ちょっと見せてくれよ」

 咥え煙草で工房に入り、沖野に手渡す。

「…見事なもんだなぁ…」

 沖野は蹄鉄をゆったりと、だが真剣な目で眺める。
 まだたたき上げたばかりの粗い表面だが、量産品にはない一品物の重み。
 手作業で叩いた跡が規則的に並び、蹄鉄の柔らかで立体的な曲面が芸術性すら感じさせる。

「いいなぁ…綺麗だ…」
 
 沖野は蹄鉄を手に取り、角度を変えて眺めながら、ため息をつくように言った。

「今時鉄製の蹄鉄もないもんだが、たまにはつくらないと、腕が鈍るんでね。もっともウマ娘に使ってもらうアテはないから、文鎮みたいなもんだ」

 咥えていた煙草を灰皿で揉みつぶす。

「仕上げしたら、やるよ。ペーパーウェイトにでも使ってくれ」

「いいのか?」

「あぁ。これは作ることが目的だったからな。目的は果たした」

「じゃあ仕上がり、楽しみにしとくよ。そいつのかわりといっちゃあ安いかもしれないが、今度一杯おごらせてくれ」

 男は、作った蹄鉄が沖野に評価されたことが素直に嬉しかった。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:2/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析