ハーメルン
学園お抱え装蹄師の日常 
15:朝の工房にて





 朝であった。
 工房の窓からは周りに生い茂る木々の葉からの木漏れ日で不規則な光が差し込んでいる。
 そよ風に揺れる葉により明るさや範囲をゆらゆらと変え、鉄粉と埃にキラキラと乱反射させながら室内を照らし出していた。

 工房の片隅に設けられた事務用デスクの上では、電源が入りっぱなしのPCがお仕着せのスクリーンセーバーを稼働させている。
 デスクの上は書類の紙や資料、雑多に積まれたファイルなどが散乱し、傍らの灰皿は高額納税者の証とばかりに山盛りだ。

 そしてその混沌としたデスクに倒れ込むように、薄汚れた作業着姿で男は突っ伏していた。

「……もう食べられ…ない…よ……」

 資料作りに明け暮れた末の机上での往生にしては男は幸せそうな寝言を呟き、日の当たらない工房の片隅で資料の山と一体化していた。



「……失礼します」

 そんな時、控えめな声で工房の入口をくぐったウマ娘がいた。
 手には小さな鉢植えを持っている。

「…誰か…いらっしゃいませんか…?…おかしいな…鍵は開いているのに…不用心な…」

 恐る恐る、彼女は工房内に足を踏み入れる。
 鉄と煙草の匂いを感じる。
 鉢植えは入り口近くにある、安普請な応接セットのテーブルに一旦仮置きする。

 日の光が塵に反射しキラキラする様に目を細めながら雑然とした工房内を見回すが、動くものは見当たらない。

「…全く…この雑多なのはどうにかならんのか…っっ…!」

 工房内を見回しながら進むと、立てかけてあった工具に足がかかり、ガチャリと重たい音を立てる。
 彼女は倒れかけたそれを、慌てて姿勢を崩し手をかけて支える。

「…っ…重い…」

 鈍い錆色をした長いマジックハンドのような2対の棒は、彼女の想像を超える重さだ。
 足位置を直し、倒れかけたそれをどうにか元の位置に戻す。

 顔を上げると正面に炉が目に入る。

 煤で黒く汚れ、古ぼけているが、まるで制御された火事の後のような様は、ここでの作業の熱を想像させるには十分な迫力だった。

 ぴちょり、と炉の横にある小ぶりな流しで蛇口から水滴の滴る音がする。

 自然の光がランダムに差し込みながらも薄暗く静謐な工房に、彼女は一瞬、神々しさを感じた。

 奥の雑多に書類や資料が積まれた山が崩れたのは、その刹那後のことだった。

「…っっ!」

 彼女はその物音に驚き、肩を竦め身体を硬らせる。
 山が崩れた一瞬後、山の向こうでさらに大きな重量物が倒れ込む音がした。

「っってぇ…!」

 男の声だ。

「そこに誰かいるのか!?」

 怜悧な鋭い彼女の声が誰何する。

「…いってぇ…なぁんだぁ…」

 彼女は声の元に駆け寄る。
 そこには椅子から転げ落ち、紙と煙草の灰にまみれた工房の主が半身起こした状態で、寝起きのような顔で眩しそうに目を細めてキョロキョロしていた。

「大丈夫か…?」

 男は声の主を見やる。

「…エアグルーヴ…?」

 間の抜けた声で自分の名前を呼ばれた彼女は、困ったような、情けないような、慈しみを覚えるような、なんともいえない複雑な自らの感情に強い戸惑いを憶えながらも結局、やれやれ感たっぷりのため息をつくことしかできなかった。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析