ハーメルン
学園お抱え装蹄師の日常 
17:鉄のウマ娘のつくりかた(上)





 この数日間、男は熱した鉄を叩き続けていた。

 連日、炉に火を入れ、取り寄せた特殊鋼材を加工方法を探りながら、一つの目的を念頭に叩き出していく。

 工房の隅には、ここ数日で作られた特殊な蹄鉄がうずたかく積まれている。

 それらはどれも普通の蹄鉄とは違い、蹄鉄の水平方向に切り目がいれられ、接地面が板バネのようにしなり、たわむ構造となっている。
 また、足側のシューズへの取り付け面に関しても足裏の接地面に合わせるように拡げられ、足裏のより広い範囲で力を受け止められるように工夫されている。

 しかしうずたかく積まれたそれらは、どれも失敗作であった。

 今回の目的のために選び、多めに発注していた特殊鋼もすでに尽きかけており、昨日さらに追加発注を入れている。

 炉の火を絶やさぬため、工房内の空気は換気扇では追いつかぬ熱量をため込み、灼熱と化していた。

 それでもかまわず男は赤く輝く鉄を叩き続ける。

 イメージ通りに仕上げるには、もう少し試行錯誤を重ねる必要があった。
 



 
 男がこのようなものに取り組むには、それなりの理由があった。

 合同研究プロジェクトに一通りの基礎資料を提出し終わって数日が経ったころのこと。

 突如服飾部シューズ課長を務めるシューズのチーフデザイナーと男が理事長より呼び出しを受けた。

 理事長室にはいつも通りの理事長、緑のお姉さまことたづなさん、そして生徒会長シンボリルドルフ、副会長エアグルーヴ、ナリタブライアンの姿もある。入室するなりアグネスタキオンがこちらを見てニヤリとしたあたり、研究がらみのなにかと察せられる。

 呼び出された側は男たちのほかに、研究プロジェクトに参加している初老のウマ娘専門医、理学療法士の姿もある。

「皆さんお揃いのようですね」

 たづなさんが場を仕切る。
 すると理事長が席から立ち上がり、扇子を構えた。


「発令!脚の弱いウマ娘でもトレーニングを続けられるシューズを開発せよ!」


 例によって明瞭かつ簡潔に勢いよく用件が述べられる。

 そしてたづなさんにより補足説明という名の本体解説がなされていく。

 学園の入学に関しては理事長指揮のもと全国から幅広く情報が集められ、各地にスカウトが派遣されて一本釣りするほか、一般から願書が集められ選抜試験なども実施され、学生が集められる。

 今回、スカウトが見つけてきた有望な生徒の中に、入学前の身体検査で脚の状態がよろしくない生徒が見つかった。
 
 日常生活や学生生活では問題がないため、学園の身体検査にかかるまで発見されずにいたが、専門医いわく脚部不安でレースには耐えられない可能性が高い。

 原因は足首関節付近の炎症。

 厄介な部類で、治療期間が長くかかるうえ、治癒したとしてもレースで戦えるレベルのポテンシャルとなるかどうかは見通せない状況だという。
 この手の怪我は治療次第で治ることもあるが、ウマ娘の競走能力を奪い、引退に追い込まれる原因となることもある。

 当事者は自分の脚の状態は薄々気づいており、今回発覚したことも冷静に受け止めているという。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析