ハーメルン
学園お抱え装蹄師の日常 
17:鉄のウマ娘のつくりかた(上)


「…うーん…これならなんとかなるか…?」

 男はなにか閃いたようだ。
 少年のような表情で彼女を見上げ、輝くような笑顔を見せる。
  
「ん…ありがとう。ヒントが見えたような気がする…」

 そう告げる男の真剣な表情を見たとき、彼女は気恥ずかしさを覚えていた自分自身に、恥ずかしさを感じるのであった。

[9]前 [1]後書き 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:4/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析