ハーメルン
medarot ex second 石器億 stoneMemory
第一章 第一話 新たな異国の地

島根県出雲市に存在する全寮制小中高一貫校出舞学園、
ここで通う生徒の殆どは過去に虐め、 不登校、 差別、 家庭の問題に遭った仔達ばかりだ。
櫻井隆盛もその一人であり彼の場合は寛罪に遭いその犯人に対し復讐を誓ったが自首して
しまった為自殺未遂を起こした、 が彼が知らない秘密でもあった自身が人の遺伝子を持っ
たオリジンコードセルの生物なのだと言う事を知らない、
その後彼の身体は自身の持つ再構築能力によりその身体は変化が起きた、 ただその際以前
の記憶に影響が出て思い出せない部分が出たのだ。
彼は彼の父親の元部下に引き取られ出雲学園に通う事と成った、
出雲学園、生徒会室、
「そんな計画が在ったんですか?」
「間違いなくそうだ」
同生徒の中でもとりわけ選ばれた生徒だけが成れる生徒会役員その生徒会がある計画の潜
在に皆難いた、
具体的な内容は。 出雲学園と同規模の学園の建設、 通称 「蓬莱学園計画』
そもそもこの計画が発令されたのは一重に転入、 転校する生徒の多さだ、
それも年間二桁だ、 其れに困り『世界一転校生の多い学校』 と紹介される程に、
流石にこのままてはパンクするのは火を見るのも明らかな為、 学校側としては同じ規模の
学校をもう一つ作って何とかしようとしていた、
実はこの計画は二つ遭ってもう一つが今は廃校になった南真夜が在学していた学校を大規
模改装しておく計画。
コスト面においてはそっちが安いのが分かる、 が結果としてそちらが採用されてしまった、
そしてその場所の候補の一つだが、
アクアリウム財団が在る島の存在を提示してくれた。
その場所へ行くには空港から船に乗って其処に向かい更に等々少々々めんどいとの事、
行き成り建設を行うのでは無く地元の人と少しの間の交流を経てその後建設を行うか否か
の検討を協議するとの事、
付き添いに宮導先生が同行して生徒の数名が参加する事に為ったがその生徒が、
想井隆盛、園咲在華、 天野咲哉、 両坪哲、 大神祭、 土御門花蓮、 儀鏡大地。
ほぼ決死達征隊に等しい組み合わせだ、
出雲空港から航空機で南に数 km、.
その旅客機内にて、
その機内の乗客の一部の会話の事。
一人は日系だけども日本人に似ているが日本人では無いの解っていた、 もう 1人はハッキ
リと欧米人と思われる。
「あんた何処から来たんだ?」
「アメリカです」
「そうか。俺はてっきり日本人かと思ったぜ」
「見た目で良く言われるんです」
「だろうな、昔な日本は侍のくにだとかヤクザのだなんて良く言ってたらしくてな、 所であ
んたは観光かい?ここから更に数k先にエクサスが新型メダロットの見本市な事を始めてな、
確か mpaシリーズが何機が運ばれて」
「いいえ違います」
日系の男性がすっと立ち上がり手に何かを見せた、
「私はインターポールの者です」
「仕事でその島に用が在ったからです、 そう言えば自己紹介はまだでしたね僕の名はケネ
ス=ヤマダ、 この見た目ですから日本人を名乗ってる事がありましてね、 以前から目を付け
てる有る物を探してましてね」




















[1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/5

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析