ハーメルン
medarot ex second 石器億 stoneMemory
第一章 第三話短い交流

その日はアクアリウム財団の短めの交流が在った、
ただ財団の目的の関係上その事は知らないフリをした、
勿論スターチルドレンの事もだ、
「こんにちは私がレイシスと申します」
「出雲学園所属Na♠️58,1☆ (ナンバーワンスター)生徒会長の櫻井隆盛と申します」
互いに軽い握手を交わした、
手の内を互いに感づきつつも出そうとしないのか、
短く簡単な会話て交流は終わった、
交流を終えて、 その後、
儀鏡博士のラボにて。
「アイツらどうだ?」
棲井の問いに。
「知らない人だったら絶対腸されるな確実に」
両坪哲がそう返事をした、
「それよりも博士は何所までアクアリウム財団の事を知ってますた?」
在華が具体的な理由を聞いた。
「話せは長くなるが仕方ない。 リバーシア··つまり彼女の父親と県で『アクアリウム財団』
を立ち上げたのじゃ、 当初は育児放棄された子供や毒親の被害に遭った子供に虐待を受け
た子供に孤児の救済を主に行ったのじゃ、 立ち上げて数年リバーシアに子供が産まれてな
その仔の名前がフィーネだ、 リバーシアの父親が病気で亡くなり代わりを彼女が引き受け
た。元々遺書にもそう記載されてる、だが拠点となる人工島建設の際、 海底の調査中に通か
に大昔の時代の遺跡.後にリバーシアが『アーカイブ」と名付けた遺跡の調査の際、 アーカ
イブに微弱ながら電気を感知したのじゃ、 その電気の調査の際。 感電事故を起こしてしまい
今に至ったのだ」
「それって」
大神がある疑念を感じた、
「標は歴史に詳しくないがもしかしたら『アーカイブ』 こそがマヤ文明の生賛習慣の謎やピ
ラミッドの謎も多分分かった。 『アーカイブ』に発見された電気の正体は人間の『魂』でア
レは魂を収める『器』として機能して墓として機能して更には避雷針としての兼用を兼ねた
のだ」
「まさか」棲井が驚いた、
「今のリバーシアは乗っ取られたに等しいが戻す事が出来ない、更にはその研究にフィー
ネが犠牲に遭ったのだ、 だがこの犠牲でサタンチルドレンの礎になったのじゃ」
つまりはサタンチルドレン達の人格はアーカイブの魂からインストールに等しいのだ、
「もう一つ分かったのは, アーカイブの使い方じゃ、 アレは人間の連体の安置して置き雷に
打たせる事で魂がアーカイブに流れるのだが、 髪の毛一本でも可能なのじゃ」
「横牲に為られたフィーネは一体アーカイプで何を?」
「リバーシアの件もそうだがどうも誰かの魂を無理矢理入れようとしたのだろうが昨日
の様子を見ればわかるが失敗もいい所だ」
幼児退行、
確かにそれがその結果だ、
「..あれっ土御門花運は?」
国咲が一人居ない事に気づいた。
「そう言えば?」
「七川クリスとフィーネの所で食事の支度をとか言ってたな」
大神が土御門がそう言って行った事を思いだした、
外で皿が割れる音がした。
まさかと思い七川の所へ向かった、
七川家内、
台所でフィーネが大暴れした、
七川に変わり花蓮が料理を振舞ったが、
生まれや育ちが違う事もあってか花蓮の作った料理が相当合わないらしくそれでご立腹の
様だ。
食物アレルギーなら致し方ないが食わず嫌いなら何で?と想う?
「なによこれっーへんなあじっー!」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析