ハーメルン
medarot ex second 石器億 stoneMemory
第一章 第四話思わぬ

土御門は実家から新型機を勝手に購入したらしく
その事で問題が起きた、
「一寸いきなりとどう言う事よ!」
儀鏡博士の家の電話は生きていたので土御門花蓮は相当怒っていた、 。
「えっ約に立たないから?そんな事で新型機を?」
暫く電話越しに採めた様だ、
数分後受話器を切った、
一方、
損傷したコテツの修理をしていた儀鏡博士は其処で問題が発覚した、
「.フーム確かに脚部愛称が合わないのもその様じゃ」
「如何にも成らないのか?」
隆盛がその事を言った、
「現状じゃ役に立たない..つまり模造品の虎徹と言えよう」
「そうでしたか」
電話の前で花蓮は手にある破片を握りしめた、
彼女はコテツを抱えて外へ走った、
「あっ!!-寸」
有華が気づいて追いかけた、
歩いて数分、 森林地帯。
コテツを抱えて走る花運を電離が追いかける、 有華は続けて追いかけた、
走るのを止めた花蓮は電離にこう尋わた、
「貴方を手にしてコテツはどうなるの?」
「廃棄される方も居ますが、 実家が引き取ってくれる様です」
「そうそれが答えね」
花蓮が左腕にコテツを抱えていて右手に破片を持ってた、
だがそれは。
「まさかそれは!」
フィーネが大暴れの後有華は彼方此方を探したが見つからなかった、 ただのゴミと想って
くれたら良かったがそうて無かった、
「ピュアプレート!」
「コテツ此れをしっかり持って!」
まだ動作出来る左腕で持った、
「そのまま突き刺す様に」
花運はコテツを手にそのまま電離を叩いた、
電離は避けられずに追突、
その衝撃で強烈な火花が飛んだ、 普通の火花と違う、
電雑の外装にコテツ事プレイドビードルの外装、 夫々が強烈な火花が発して燃え出した、
森林火災の危険があったがそれに至らなかった。
各々の部品同士が何故か溶け合い混じって来た、
「そんな事が?」
ピュアプレートはナノマシンに法る自己再生と自己増殖を行うのだが、
その破片にはその危険性から回収するか勘違いして廃棄して貰う必要がある。
その際、電離からティンベットとメダルが落ちてた、
【部品同士が溶け合い混さっている、 さあ何が起きる?)
火花が消えて無くなった瞬間プレイドビートルの外装に大きな変化が起きた、
両腕が単純な形状の刃から高振動刃に為っている、
第一世代 MPA,のMPA-09R の相転移構造材の刃は強力たが、
精製コストの関係上掛かり過ぎる為。 高振動刃に変更に為っている、
またパーツの幾つかに変化が為された、
「…何か変化でも?」
コテツが無言で頭を縦に領いた。
立って歩いても転ばない、
移動アシスト機構 「オートバランサー』 が搭載されてるようで、 移動の補助を行っている様
だ。
森林の隙間からあの時のソウルドール、 ミノタウロスに出くわした、
2人と2機しかいないのに、 とうやって、 と想ったが、
コテツが両腕の刃を出して低く飛び突撃、
二振りの刃の一閃、
アクアリウム財団地下、
「また負けたのか?」
不貞腐れたカイルをレイシスは注意した、
「あ~あ、またリバーシアにどやされるな」






有華と花蓮はそのまま儀鏡博士のラボに戻った、

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析