ハーメルン
medarot ex second 石器億 stoneMemory
第一章 最終話 誘拐

朝、
七川の所の生活音が何故か聞こえない、
異変に気付いたのは大地で,
中の様子を見た瞬間、
窓に穴が聞いてた、
しかも複数だ、
根井達が中の様子を見た際、 2人が居ない事が分かった。
アクアリウム財団地下、
「くそお~出せ~出せ~」
エクサス社の浜田と三瓶はあの騒きの時、 少人数しか乗れないホバークラフトで逃げたの
が幸いして生き残れたがその直後アクアリウム財団の船が来てくれたが、 傘捕されて拘束
された。
「本当に酷いてすね、 あいつ等」
「あいつ等ただて済まさんぞ!1人1人ハつ裂きにしてやるかな!」
壁の隅を体育座りで座っている三瓶に対して浜田は鉄格子を何回も揺さぶった。
「…だ、だよ」
「ああっ?」
「無駄だよ、今の奴らは」
「なんやて?」
浜田の怒号に対して、
冷静な子供の声が聞こえた、
「君は誰です?」
隣の牢屋の声が聞こえる。
「僕の名は七川クリス。 警て此処に居た者さ、 でも今は脱走したんだ」
「加何して?」
「他人に話すのは久しいな 全てはアクアリウム財団が石碑、 『アーカイブ』を発掘した事
が始まりだったんだ」
「アーカイブ?」
「リバーシア=アクアリウムがうっかり触った際、 静電気を帯びたみたいでそこから人格が
遣られた、其れから組織が変わり果てた」
2人は親身に聞いた、
「その後の調査の結果、 アーカイプは魂の入れ物であり避雷針。 アーカイブのあった文明社
会は共同墓地として機能する様に成ってた」
「そんな事が.」
浜田が果然とした、
「傷携軍人の治療にオリジンコードセルを使った再生医療をしていたみたいて、 リバーシ
アがその再生医療の対象を障害者にも適応して貫おうと代償と共に働きかけようとしてい
たんだ」
「代償はなんや?」
「軍は長年夢に見ていたもの、 と考えれば分かると想う」
「不死身の軍隊か?」
「そうして手に入れたオリジンコードセルを使って人を人工的に生み出して其処からアー
カイプの記憶情報、 つまり魂をサタンチルドレンの入れ物にするんだ」
「…サタンチルドレン?」
「世間一般はスターチルドレンと名付けられたな、 だが実態はサタンチルドレン、 実態のあ
る魂マジックドールを生み出す研究をしているんだ」
「まさかアレか?」
エクサスの開催するカーニバルを滅茶苦茶した怪物の事を思いだした、
「でもどうしてそんな情報をそして如何やって脱走を?」
三瓶の疑問に答えた、
「儀鏡博士がサタンチルドレンの被験者にした仔。 フィーネと脱走の手引きをしたんだ、 本
来なら引き取ってくれる人の元へ来れる手等の筈何だ」
その事から予想より早かったのだろう、













研究所に戻ると、 宮沢先生が気絶していた。
儀境博士は訳を聞くと、
アクアリウム財団本部侵入作戦を行う為に教師が反対されると成し得ない為、
「先生方は可哀相だが少し眠らせておくとして、 作戦の概要はこうだ。 アクアリウム財団本
部の人工島は万が一テロリストの制制圧が起きた場合を想定して、 緊急用の脱出用ドッグか
ら侵入する」
「簡単に言うけどどうやるんだ?そこは頑丈には?」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析