ハーメルン
medarot ex second 石器億 stoneMemory
第二章 第二話 ラストボス

一階に上がって使は上がるのみと成った、
内部に居た財団員達が最後の抵抗をした、
その様子を見ていたリバーシアは笑みが含んだ。
余裕の笑み等で無い、
彼女に取り付いた存在の前世はアーカイブを生み出し共同墓地として機能した時代の国家、
彼女の前世はその国で侍女として働いていたが、 その国王の若王子が健気に彼女の姿に何
処か惹かれ始めた。
だが彼は父親が許してはくれない事に嘆いた、
彼は最後に彼女に自身の心の内を吐き出した、
彼女はこの時、 抑えていた何かが爆発した、 彼女の人生、 今に至るまで決して順風満帆では
無かった、
彼がもう直ぐ成人の身だが父親の国王の容態は良くない、
そこで彼女は医者と共謀して病死の様に装うと良いと悪魔の襲きをした、
彼は反対したが, 彼女は貴方が国王に為れば私を直接氏名しておくのも有りとなるとされ
意外と多くの者達はそうして来たとされた、
彼は決意した、 もう止まらない、 其れが悪で有ってもだ
国王は容態が急変して死亡した、 彼が国王を引き継き彼女がその王のお妃と成った。 .
彼女の智略は類まれなるものだった、
その智略で国の版図の拡大にも反映にも貢献出来た、
がそれも最後の時が来た、
当時は其れが何なのか分からないが見た事無い鎧を見に纏った者達に由って壊滅した、.
最後はアーカイブの近くで新国王の手にした剣で刺し貫かれて其処で死んだ、
彼女の魂がアーカイブに宿され彼には無い、
つまりそれは死体は粉々になったのだた。
当時分からなかったソレだが、 リバーシアの今の魂と成った今言えるのは、
所謂、異世界のマシンの類と言う事が判明したのだ。
今の鮮明に焼き付いた、 あんなふざけた見た目のマシン。
球体の胴体に細長い手足、 しかしそんな見た目に対してその性能はとんでもない無いモノ
だった、
一体なんでそんな事がとお思いだが、
転生した彼女は以前と同じ知略を巡らせ計画を進めた、
彼等を次の時代の支配者とするべく、 リバーシアの1人娘と言えるフォーネに自身と同じ
事をした、
結果としては幼児化してしまったがまだ不十分だった、
その後傷実軍人の治療に使った再生医療の応用の代償を払い、 オリジンコードセルを手に
入れた、
代償はアーカイブの秘密、 魂のダウンロード,
兵士が1人死んでもアーカイブの力を使い人工生命体兵士に魂をダウンロードすれば良い、
だがここで問題が起きた、
儀鏡博士がまだ赤ん坊のサタンチルドレン 0 号とフィーネと脱走に協力した七川クリスと
共に脱走した、。
何やら彼女の知らないシステム 『メダコンバイン』とデバイス 『Mリンクドライバー』を持
って、
直ぐに見つけても迂間に手が出せない、
この時はサタンチルドレン達の育成に割かれたのだ。
その後。
サタンチルドレン0号は、
『儀鏡大地』と名乗ったらしい、
侵入者達は上に上った。
財団員達もメタノイドを数橋出したが、 数秒で返り討ちに遭う、
「侵入者達の最上階到達まで残り 」
「A班後退!B班交戦中押されます」
部下達の報告を聞いてリバーシアは有る場所へ歩いた。
猿掛を付けられ手足を固定されたフィーネは其れでももがいていた、.
「もう直ぐに貴女の」

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析