ハーメルン
桐山君は清滝家の長男坊?
快進撃!!

6年に進級し、いよいよ将棋人生も本格化だ。
6月に入ると順位戦も始まるが、まずは現在
勝ち上がってる各棋戦からだ。



前回の人生では獅子王戦だった棋戦は
ここでは竜王戦となっているが、システム
そのものは全く同一なので名前以外は
特に違和感なく普通に勝ち進んでた。

準決勝は、同じ関西所属の先輩で…
何と山崎順慶五段が相手だった。



山崎五段と言うと、前回は新人王戦ばかり
勝ち進んで他がサッパリな印象で、二海堂
とは姑息な戦略を用いて勝ちを盗んだような
ダークイメージが浮かぶんだな…

だからって3年も4年も続けて宗谷さんとの
新人王記念対局出来る実力も確かにある訳で
この対局、珍しく僕の方から話を振ってみた



山崎さん、この世界では僕より12歳年長で
6年前にプロ昇格し、7年目で未だに
C級2組在籍中という。とはいえ、過去6年は
オール勝ち越しではあるが。

一方で、新人王戦は現在3連覇中と前回並みに
「永世新人王」路線突入状態とか、
幾ら何でも前回踏襲し過ぎじゃないの?



そんな訳ではあるが、兎に角対局スタート



お互い角道を開けて角交換から始動
ここからは相矢倉で陣を築き、いざ開戦

まずは山崎さんから攻めかかって来たけど、
捌きを駆使して十分に防ぎ切る。
攻めが切れたところで、こちらの反撃だ。
捌きにより手にした駒を総動員し、
一斉に襲いかかった。
たちまち山崎さんの矢倉を侵食すると、
13手詰めに仕留め、準決勝を突破した。



決勝進出により、次期5組昇級も決まった。



玉座戦も2次予選を通過し、本戦に駒を進めた


玉将戦も盤王戦も順調に勝ち進み、
「負け知らずの最強小学生棋士快進撃」
っていつの間にか世間的話題となったいた。



当然ファンやマスコミが押し寄せるハメとなり
僕らの拠点の関西将棋会館も人だらけ。
遂には清滝家及び隣接してる道場・通称
「野田将棋センター」にも人の波が…



そうなると師匠と僕が矢面に立って希望者に
多面指しの指導対局したりとか、
忙しく動き回ったりしていたが、そのうち
「零くぅん、僕と指してみなぃい?」
って言ってきた髭面のオ●マっぽい人が
僕の前に座ろうとしてきたその時、




バチィィーン!!!!




駒を置く音が派手に響いた。




その音の主は銀子ちゃんだった。
そして冷徹に一言


「お兄ちゃんと指したいなら私と指しなさい」



これに髭面さんは怒り満面で
「少し可愛いからって図に乗り過ぎね、
いいわ、身の程知らずなお子ちゃまには
たっぷりお仕置きしてあげるわ!」

でも銀子ちゃんである、平然と
「口では何とでも言える。腕で見せなさい」
と返し、対局開始。




先に攻めたのは髭面さんだけど、

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析