ハーメルン
悪くねえ 大したもんだ ハルウララ
調べ物


そろそろテストが近いため、何人ものウマ娘達が図書室へ集まっていた。理由は勿論、勉強するためだ。また、冷房がよく効いているというのもあるだろう。
その中の一員であるダイワスカーレットも、同様の理由でペンを持って机に向かっていた。

しかし、何時間もずっと集中力を維持するのは難しい。それ故に、彼女は休憩がてら図書室を一周して、読んでみたい本の目星でも付けようかと思っていた。

しかし、一周もしないうちに見た事のある光景を目にしてその足は止まる。目立たない奥にある机。その一番端っこに沢山の本と紙が山を成していた。こんな事をするのは彼女の知る中で一人しかいない。

「タキオンさん、何読んでるんだろ?」

机の上に乱雑に置かれた本を手に取る。テスト関係の参考書かと思いきや、その内容は全く違う異質な物だった。

「線虫……? この本は、カビ関係……? こっちの本は……流体!? 全く関係ない本だらけ……」

しかし、置かれた本の全てが無関係かと言われればそうではない。今回のテスト範囲にも入っているヨーロッパの国々について、事細かに書かれた本もあった。

そんな事実が、彼女をより混乱させた。

「この紙は……何かの計算用紙?」

計算用紙かと思っていた紙には、確かに計算式は書かれていた。しかし、その内容は全く理解の出来ない式が詰まっているだけだった。

「おやおや、スカーレット君じゃないか」

そんな、頭にハテナを浮かべた彼女へ一人のウマ娘が声を掛けた。驚いた彼女は変な声を出し、その尻尾を逆立てた。

「た、タキオンさん!? あ、えっと、ごめんなさい! 勝手に弄ってしまって」

「おや? 何か勘違いをしている様だね。私は今さっきここに来たばかりだ」

「えっ? じゃあ、この本は……」

「勉強熱心な誰かが読んでいた物だろうね。まあ、見ただけで誰が読んでいたか大体の予測は付く」

彼女の目は机の横に立てかけられた鉄槌へと向けられる。この学園でこんな物を持ち歩く者は一人しかいない。

そんな誰かさんが何を読んでいたのか気になった様で、山の上から数冊取って少しだけ読んでみる事にしたようだ。ダイワスカーレットもその横から同じ本を眺めている。

「ふむ……線虫にカビ、そして流体力学に材料力学……極め付けにはヨーロッパに関する本……か。何か関連性があるのだろうか?」

「関連性なんてある訳ねえだろ」

アグネスタキオンの手にあったレーザーに関する本を後ろからスッと奪い取ったその影は、不機嫌そうな表情を浮かべながら二人の顔へ目を向けた。

「やはり君だったか」

「分かってんなら勝手に持ってくんじゃねえ」

「まだ、持ち出してはいないよ。少しだけ中身を拝見させて貰っただけさ」

いきなり現れた厳つい男と流れる様に会話する彼女に、ダイワスカーレットは驚きを露わにする。

「タキオンさん? 知っている人なんですか?」

「ああ! 以前君にも話した、興味深い研究対象というのは彼の事さ! 確か名前はハイゼンベルクだったかな? 君も見た事があるだろう。良く学園に訪れているからね」

そんな彼女の発言に、自身の記憶を思い返してみると、確かに何度か見かけた事がある。最後に見かけたのは副会長と何か揉めていた所だ。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析