ハーメルン
勇者スバルの大冒険 ~剣(ソーセージ)に愛されしアヒルよ、伝説となれ~
9羽

 西の孤島に向かうため、スバルたちがやってきたのは港町メードです。
 メードはコミーノから一番近い港町でした。

「なにぃ? 西の孤島まで船を出してほしいだと?」

「はい」

 スバルたちがまず向かったのは船場です。
 そこで船の整備をしている男に、西の孤島まで船で送ってくれないかと頼んでいました。

「もちろん船賃は十二分にお支払いします」

 るしあはソセレ硬貨でぱんぱんに膨れた袋を取り出し男に見せます。

「やなこった」

 しかし男は迷うことなく断りました。

「なんでですか」

「なんでもクソもねえよ。あんなところ、船を出せれるところじゃねえんだ」

 男はふんと鼻を鳴らし、「さあ邪魔だ邪魔だ」とスバルたちを追い立ててから作業に戻ります。

「なんなんですか、あの態度。こっちはいくらでも払うと言っているのに」

 しばらく歩いてから後ろを振り返り、るしあがこぼします。

「仕方ないデスよるしあさん、世の中にはいろいろな人がいマスから。別の人にあたりマショウ」

「シュバシュバ。シュバシュバシュバルルシュバシュバルバシュバシュバ」
(そうシュバ。いちいち気にしてたらきりがないシュバ)

「ポジティブシンキングですね、スバ友は」

 彼女たちはふたたび船場で船を持っていそうな人を探します。
 メードは有名な港町です。
 船を所有している人はすぐに見つかりました。

「西の孤島に連れていけだあ? 冗談じゃない!」

 しかし、どの船人に頼んでも「西の孤島だけは嫌だ」の一点張りで断られます。
 仕方なく三人は船場から引き揚げました。

「何か変デスね、この町は」

 とにかく、どうして船人たちが西の孤島へ船を出したくないのかわかりません。
 スバルたちはその事情を知るため酒場へと向かいました。

「いらっしゃい」

 昼間の酒場はあまり客が入っていません。
 スバルたち三人はカウンター席に腰かけます。

「ご注文は?」

 店主が尋ねます。

「ミルクとメロンソーダ、ビールを。それぞれジョッキで」

 三人分を注文するるしあに「9ソセレね」と店主が言います。
 しかしるしあは12ソセレをカウンターに置きました。

「マスター。聞きたいことがあるのですが、いいですか?」

「なんだい?」

「実は」

 聞き返す店主に、るしあは船人たちが西の孤島へ行きたがらない理由を聞こうとします。
 しかしそれより早く「マスター!」と、隣のカウンターに座っている女性が割り込んできました。

「船長もビール」

「さすがに飲みすぎじゃないですかねえ」

「ビール!」

「はいよ」

 根負けしたように店主が頷きます。
 一方ビールを注文した女性は、いきなりるしあ達のほうを指さしてきました。

「この子たちのおごりで」

「13ソセレね」

「……」

 るしあは眉間にしわを寄せながら、卓上に重ね置いた12ソセレに1ソセレ硬貨を追加します。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析