ハーメルン
牙狼〈GARO〉〜奏演〜
#7 驚愕


〈蘭 side〉

「はじめまして、冴島遼牙と言います!よろしくお願いします!」

「...え?」

目の前には
昨日、あの怪物を倒した男が立っていた。

「はい、というわけで冴島遼牙君がこのクラスの新しい仲間になりまーす。」
「席は...見たりゃわかるだろうけど美竹の隣な〜。みんな仲良くするように!」
「...マジ?」

最悪だ...。
よりにもよってその男は、私の隣の席に座った

「改めて、冴島遼牙といいます。美竹さん...だっけ。よろしくね。」
「......よろしく」

どんな顔して見ればいいのか分からない
こんなイケメンが、あの金色の鎧を着て怪物を倒してるなんて、
彼は私と初対面だけど、私は彼を一方的に知ってる。
もしかしたら、あからさまに顔に出てるかも...
そう思った私は、外を見る事しか出来なかった。

──────────────────────────────────

〈遼牙 side〉

「......よろしく」

編入した先の学校で、俺は隣の人に話かけた。
ただ、
彼女、美竹さんはずっと窓の外を見ていた。

「(ザルバ、これもしかして嫌われてるのかな?)」
「(...いや?そんな様子は無さそうだぜ?...だがさっきから俺様のほうをチラチラ見てるみたいだが...)」
「(えぇ?...まぁデザインが気になる、とか?後はなんで指輪してるかとかなんじゃないかな?)」
「(そうかぁ?まぁならいいんだが...だが気をつけろよ?遼牙)」
「(ん?なにが?)」
「(ホラーと戦う所を見られる事だ。昨日はまぁ、大丈夫だったけどな?もし見られたら厄介かもしれないぞ。)」
「(厄介って...ホラーの血を浴びる事とかか?)」
「(まぁそれもあるんだが...この世界っていわゆるホラーが居なかった世界なんだろ?だとしたら、登場人物に見つかったりでもしたらむしろ危険なんじゃないか?)」

そうだ
元はといえばこの世界は危険因子の存在がない
いわば平和な世界だ、そんな世界で人に見られるって事は
危険な事に巻き込んでしまう事になる

「(ごめん、全く意識してなかった...でも、どうすればいいんだ?)」
「(なぁに、そんなのは後からでも出来る。ただもし、最初のあれを登場人物に見られてた場合、どうしようもないぜ...?)」
「(あぁ...マジでどうしようかな...)」

どうすりゃいいんだよ...これ

────────────────────────────────

〈蘭 side〉

「...はぁ」

編入生の冴島遼牙はさっきから顔色がコロコロ変わっていた。
不思議な人だし、会ったばっかりだからなにも知らない。
けど、あの金色の鎧を着た騎士の正体
そして、あの怪物はなんなのかを聞きたかった。
放課後、私は彼に声をかけた

「...ねぇ」
「ん?...どうしたの?美竹さん...だっけ」
「話がしたいって思ったんだけど...あんた時間ある?」
「あぁ...ごめん、街に慣れてないから今はこの街を知りたいんだ、もうちょっと先でも...いいかな?」

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析