ハーメルン
スカジのお師匠様
相対

スカジとイージスが全話までのやりとりをしている頃、ドクターとアーミヤは膨大な書類に忙殺されていた。

「え!?何ブレイズまた訓練室壊したの!?」
「ドクター!ワルファリンさんが人間から作る薬に興味をもったらしく、外から死体を調達したいとの要望が!」
「却下!誰だ彼女にそんなこと教えたのは!また減給するぞって脅しておいて!」
「ドクター!」
「今度は誰⁉︎」
「グムさんが、食堂の調味料が少なくなってきたからそろそろ補充してほしい、あと、先日ある子がお気に入りの小皿を割ってしまったようで、新しいのを買ってあげたい、と。」
「うーんグムは天使かな?了承しといて。」
「分かりました!」

ここ最近は大きな争いもなく、多くのオペレーターが体力を持て余しているようだ。そのため訓練に気合が入りすぎて備品を壊したり、各々の趣味に身を投じた結果問題を引き起こしたりと、小さな問題が増えており、ドクターは文字通り理性を溶かしながらそれらに対処していた。ここ数日は特に忙しく、作業机の周辺には多くの紙が散らばっている。しかし、彼らの努力が実ったのか、ようやく問題の処理にも終わりが見えてきた。

「ふー…よし。残りは数件かな?どれも緊急性の高いものじゃないし、少し休憩にしようか。」
「まだ休んではいけませんよ。…と、言いたい所ですが、ドクターここ2日くらい寝てませんもんね。あまり無茶しても良くないですし、お昼くらいまで休みましょうか。」
「そうしようか。少し仮眠を取ろうかな。1時間後に起こしてくれる?」
「了解です。今何か掛けるものを持ってきますね。」

と、アーミヤが部屋の外へ出ようとした瞬間、ドアからノックの音が聞こえた。

「ドクター?いるかしら?スカジよ。」
「あ、スカジさん!戻ってきたんですか、あと1日休暇はありますが…。」
「久しぶりの長旅で少し疲れてね、明日は少しゆっくりしようかと思って、今日帰ってきたの?」
「なるほど!長旅お疲れ様でした。」
「ええ、ありがとう。ところで、ドクターはいるかしら?」
「いるよー久しぶりだね、スカジ。おかえり。」
「ええ、ただいま…って、なんだかすごく声が疲れているわね?大丈夫?」
「ああ、うん。ここ数日仕事が忙しくて、今丁度休憩に入ったところなんだ。」
「そう、アーミヤがいるから大丈夫だとは思うけれど、無理は駄目よ。」

扉越しに3人は会話を続ける。

「そうすると、少し時間を置いた方がいいかしら…。」
「おや?何か用事かい?」
「ええ、ロドスに帰ってきた報告と、」

それと、とスカジは言葉を続ける。

「師匠を連れてきたわ。」
「「ーーーーーー」」

つい思考が止まるドクターとアーミヤ。まさか本当に来たのかと、彼らは驚く。

「…あ、あの!お疲れのようなら、また後ででも大丈夫でしゅ!」

と、スカジではない声が聞こえる。おそらく、かの師匠の声だろう。彼女の声を聞くと同時に、ドクターは冷静な思考を取り戻す。

「…いえ、貴方との面会は非常に重要度が高い要件なので今会わせてもらおう。わざわざここまで来てくれたのに返すのも申し訳ないしね。…ただ、かなり部屋が汚れてるから、5分だけ準備させてくれるかな?」
「わ、分かりました!」

と、返事を聞くや否や大急ぎで床の資料を拾い始める。

[9]前書き [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析