ハーメルン
仮面ライダーACT [アクト]
第16章~海と泡と人魚の男~

「名はラスト。仮面ライダー・・・ラスト」

突如現れた青年は、その姿を変えた
──変身したのだ

ラストと名乗ったそのライダーは
ベルトから引き抜いたグリップを構える

『Blade』

次の瞬間、グリップの頂点から
魚の尾ひれを模したかのような形状の刀身が現れた

「・・・ハァ!」
「!?──ッ」

剣を生やしたグリップを握り駆けだすラスト

アクトに向けて剣を振りかぶり
そしてそのまま叩きつけるかの如く振り下ろした

突然の強襲
振り下ろされる剣を腕を交差させて掲げ受け止める
骨まで響くような衝撃
力を抜けばそのまま押しつぶされてしまいそうな
一太刀にアクトは戦慄する

──こいつは一体!?

初撃を防御したのも束の間
腕に触れてた剣の感触は消え、次の攻撃が放たれる

──痺れる腕で再度防御を試みる
しかし先程よりもさらに鋭い一撃に
防御ごと吹き飛ばされた

一瞬の攻防の末、吹き飛ばされたアクトを見て
サウンドは武器を構えた

敵の素性は分からないが、とにかく自分達に
明確に敵意を向けている
それならば、容赦はできない

サウンドが突然現れた敵に対してギターランスを突き出す
その刃先がラストに迫りゆく

それに対し、ラストは
防ぐでもなく避けるでもなく
ただそれを()()()()()

バシャリ

槍がラストの体を貫通した
本来ならば大きなダメージを相手に与えていただろう
しかし、それは何の決定打にもなりはしなかった

そう、槍が貫いた箇所がまるで液体のように泡立ち
槍の攻撃はただその場所を突き抜けていたのだ

──俗にいう、液状化と呼ばれる能力である

「なっ!?」

槍を引き抜き、2度3度と攻撃を叩き込む
しかし、何度やっても
水を切るような手ごたえのなさ
サウンドの攻撃は完全に無効化されていた

されるがままであったラストが動く
4度目の攻撃を打って変わって受け止める
そして、槍をかち上げたと思えば
無防備になったその腹を切り捨てた

「ぐぁッ!」
「翔!」

斬撃を喰らい転がったサウンドを
駆け寄ったアクトが立ち上がらせる
2人は眼前の仮面ライダーを見る

「何なんだよ、こいつ・・・!」
「分からない・・・だが」

どこから来たのか

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/9

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析