ハーメルン
仮面ライダーACT [アクト]
第19章~そして、獣が目覚める~

カッカッとタイルを靴が叩く音が響く
暗がりの中、ペローは足早に歩を進めていた
まるで、誰かを探すかのように

『何を急いでいる?』

そんな彼を呼び止める者がいた
それは、ペローにとっても探していた人物であった

『ブルー・・・!』

ペローが詰め寄っていく
その顔には、怒りが滲み出ている

『あんた・・・僕に何を隠している・・・!』
『あの楔は何だ・・・?』

クイーンは知っていて、自分は知らされていない情報があった
それは、ペローにとって許容できぬことであった
──自分に意図的に伏せられた情報のあることが不愉快であった

『──その事か』
『一体どういうつもりだ!!』

自分を軽んじているのか
ペローの怒りはさらに募っていく

『そう怒るな、元々楔はクイーンとサンをメインに進める想定だっただけだ』
『だとしても、俺にだけ内緒で事を進めるなんて許すつもりはないぞ・・・!!』

ストーリーテラーにリーダーはない
自分達4人はあくまで対等として、目的に進めていく話のはずだ

『・・・言う必要が無かった、とでも言っておくか』
『なんだと・・・!!』

ついに怒りは限界を超え、剣に手を掛けようとまでするペロー
しかし──

()()
『!?』

凄まじい圧力がペローに襲い掛かった
まるで強風が自分にだけ吹き付けるような強烈な威圧が
ペローを身動き一つできなくさせていた

『思いあがるなよ』
『何・・・!?』

『対等なのは、あくまでチャンスがあるということだけだ
 誰が神を産み出すかのな』
『それ以上の権限までは保証する気はないぞ』

『っ・・・!』

それは、あくまで自分は下だという宣言であった
ブルーという男、テラーという力を産み出した男
そんな男にいいように使われるために募った内の1人がお前だと
そう、言いつけられているようであった

それは──

『ふ』

『ふざけるなよ・・・!!』

酷く癪に障った
体に力を込め、進もうともがく

『あ”あ”あ”あ”あ”っ!!』

体が引きちぎれるような感覚に陥る
それでも、そんなことに構う暇はなかった
頭の中には、すでに侮辱への怒りしかなかった

ピシリと体の中の何かにヒビが入った気がした
それが、骨か何かだったのか
それとも体の内側にあるチケットの物だったのか
考える余裕などは無かった

だからだろうか、
自分の中から、何かが湧き出てくることにすら
気が付かなかったのは

『か”ぁ”あ”あ”あ”!!!』
『──()()()

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/13

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析