ハーメルン
仮面ライダーACT [アクト]
第9章~怪人になった男~


喫茶「テアトロ」の店長、三浦浩司は友人、
太田誠司との会合を終え帰路についていた

既に空は暗くなりはじめ、人通りも少ない
少し速足気味になる足を、
それでも止めることなく進めていたのだが

ザッ・・・ザッ・・・

「・・・?」

気のせいか、自分の速度に合わせて
何か足音がするような・・・

・・・仮面ライダーという存在と
関わってしまっているが故に
このような状況はつい、
敏感になってしまっているのだろうか
足を止める

ザッ・・ザッ・・ザッ・・

いや、確かに何かがいる。
杞憂ならばいいのだが、浩司は速足で駆けだす
・・・背後の足音も駆け出し気味になっている
明確に、自分を追っている。

ポケットに手を突っ込み電話に手を付ける
振り返って確認後、
すぐに逃走と雄飛君にヘルプを掛ける
逸る心音を抑えながら、気を引き締め・・
振り返る

そして目に映ったのは──

『申し訳ない、私はこういうものなのだが
 少しお話よろしいでしょうか』

確かにそこにいたのは
自分が危惧した通り、テラーだった
しかしその体制がおかしい、
ピシリと姿勢よくし、両手持った何かを
こちらに突き出している
その手には、自分の所属情報が明記された
小さな紙のカード、すなわち名刺(・・)であった

テラーが、自分に襲いかかるわけでもなく、
名刺を持って挨拶をしてきたのだ

「・・・えぇ?」




町の郊外──

雄飛,杏奈そして翔の3名は
浩司からのテラーと遭遇したという
連絡を受け現場に急行した
浩司の無事を祈りながら──

そしてたどり着いた
その先で浩司を発見する

浩司は、テラーと遭遇するという
アクシデントを受けながらも無地に生還を果たしていた

『いやー、コーヒーがおいしい!
 いい腕ですねマスター』

その遭遇したテラーに
コーヒーをふるまいながら──



「・・・というわけなんだが・・・」

「「「人間だったころの
   意識を持ったままのテラー!?」」」

浩司から話された情報に3名は驚愕する
それは、これまでではありえない現象であった
ちらりと背後でコーヒーを嗜んでいるものを見る
その姿は普通の人間とは大きく異なっている
ゴツゴツとしているようで
その表面はツルリとして光沢を放つ外殻が
体を覆った怪人
まるでガラスで出来た歪な彫刻
言うならグラステラーといったところか

「いや、僕もほんとはすぐに雄飛君達に
 来てもらうべきだと思ったんだけれどね」
「話を聞いてみたら、どうも本当みたいでね」

浩司さんがそう言って、テラーに目配せする
すると

『あぁ、私も何が何だかわからなくてね!
 目が覚めたら、こんな姿になっていてね!』
『明日も仕事があるのに一体どうしようかと

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/14

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析