ハーメルン
ゲートと加賀さん
加賀と亜神生活

亜神となった加賀の生活は、以前と比べてそう大差なかった。違いと言えば毎朝祈りを捧げるという活動くらいである。
エムロイのおかげで一命を取り留めたとも言える。感謝と鎮魂の祈りを毎朝、エムロイに捧げることになった。

祈りの捧げ方はロゥリィに教えてもらう。朝起きたら太陽の登っている方角へ片膝を立てて座り、両手の指を組み合わせて胸の前に添える。あとは今日一日の平穏と存命の感謝、そして供物にする魂の鎮魂を祈るのだそう。

エムロイからの神託はあるのかと加賀が聞くと、ロゥリィは「あるけどそう滅多にはない。神託がある時は大抵供物を捧げる時だから、そういう仕事は加賀ではなく私にくるわぁ」とのことだった。

そのほか、たとえばロゥリィのような、エムロイ神殿の神官服という、ゴスロリ衣装に身を包んだ方がいいのかという疑問をぶつけてみたが、これについては「正装がこの服なだけであって、別に無理して着る必要はない。着ていればエムロイの使徒だと一眼で認識してもらえるだけであって、別に正装をいつも身に付けておく必要はない」とのことだった。
あつらえるのも大変なので、加賀はいつも通り袴姿でいることにした。とはいえ祭典や式典では正装が必要になってくる。一着は持っておかないといけないだろう。
自衛隊に用意してもらうこととする。

加賀が目を覚まして翌日には、体のどこにも異常なしとのことで退院することとなった。再び自由に歩き回れる喜びを噛み締めながら、さて何からしなければいけないかなと加賀は考えた。
街は今、復興に向けて再建中である。倒壊し、燃え尽きた建物を除去して再び新しい建物を建てる。全て、自衛隊の力は借りずに異世界の住民たちでやると決めたらしい。時間はかかるだろうが、彼らにも自分たちの力で生きていくというプライドがある。アルヌス生活協同組合を含めて、街は復興に勤しんでいた。

そんな街の復興を手伝っても良いのだが、加賀は他にやることがあるなぁと考えた。
ヤオのことである。一族の存亡を自衛隊の助力にかけてここまで旅をしてきて、自衛隊に断られた可哀想なダークエルフ。今回炎龍がアルヌスを襲ったことによって、自衛隊がどう動くことになったのか、炎龍はどこまで逃げたのか、それを追撃する気はあるのかなどを調べたい。

なにより、加賀自身、あのでかいトカゲ野郎に一矢報いたいと思っていた。あと少しのところまで追い詰めたのだから、もう一発、あと一発だけでも艦爆の爆弾を鱗の剥がれた肉の部分に落とせれば討伐できたのにと、歯痒い気持ちでいっぱいである。

自衛隊がどのように動くことになったのか、伊丹に聞いてみようと思い立った。どこにいるだろうか。

駐屯地の中を適当に歩いて、それなりに顔の広そうな自衛官を探す。少し歩くとちょうどよく柳田がいたので、話しかける。

「伊丹さんを知りませんか?」
「あいつなら街の方にいるよ。用があるなら……あぁでも今は、どうかな。金髪エルフの嬢ちゃんとずっと一緒にいるって聞いてるけど」
「テュカと?」

なんでだろうか。わからないが、とにかく街の方へ行ってみよう。



街に降り立つとすぐに伊丹は見つかった。柳田の言っている通り、テュカも……テュカも、腕を組んで、まるで恋人のようにベタベタとくっついている。
何があったのか一瞬加賀は理解不能だった。想像するのも難しい。まさか伊丹とテュカが恋仲に? 自分が寝込んでいる間にそんなことになっていたのか?

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/4

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析