ハーメルン
無限の転生~人外少女は異世界の空を飛ぶ。最弱だったけど何度も死んで繰り返した人生の『種族スキル』と『鍛えた武術』と『必殺技』を駆使して今世こそ大切なものを守るため最強へと成り上がる!?~
第14羽 前門と後門

 
 目指すは流されてきた川。木から木へと飛び移っていると……、ヒュンッ!!と何かが飛来する音が。
 すぐさまコースを変更し、余裕を持って避ける。
 飛んできた岩は射線上にあった大木をへし折って役目を終えた。
 下手人は後ろから追ってきている猿のようなゴリラのような魔物。サイズはトラックほど。
 こうなったのは少し前のこと。


 ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ ■ □ 


 巣に帰る為には川をさかのぼる必要があります。木々が鬱蒼と茂った中、目的のものを探すのは視線が通らないので難しいのです。そう、上空から確認でもしない限り。

 雲一つない晴れ空に何もいないことを確認して危険を排除。飛び上がり、ぐるっと見渡せば一瞬でした。
 しかしそれは厄介事を招き寄せることになります。ホバリングする私に突如襲いかかる岩の砲弾。避けたところで飛んでくるへし折れた大木。川の方からは巨大な水弾。その他もろもろが襲来する。

 これはたまらないと急降下したところ、攻撃してきたであろう一匹に捕捉されてしまったというわけです。

 できれば戦いたくないんですよね。飛んでくる攻撃を避けながら思う。
 この猿ゴリラ、戦撃込みなら勝てそうなんですが単純なスペックはやはり負けています。不用意に空を飛んだだけで雨あられと攻撃がやって来たように周りに好戦的な魔物が多いです。一カ所に留まったまま戦えば、戦闘音で周りからわらわら別の魔物が集ってくるでしょう。そうして周りが敵だらけの乱戦に突入。事故の確率が格段に上がります。

 レベルは上げたいですが不用意な運ゲーは避けた方が好ましいです。漁夫祭りは嫌です。捌ききれなくなって、死にたくはありません。オリン〇スェ……。漁夫多過ぎ……。

 閑話休題(ゲームは置いといて)

 川さえ越えてしまえれば逃げ切れます。結構大きいですし、ワニっぽいのもいるのであの猿ゴリラでは渡れないでしょう。問題は川までたどり着けるかと、川を渡りきれるかですが……、猿ゴリラは私より速度があるわけでもないですし、度々足を止めて物を投げてくるので距離は縮まりません。

 渡りきるのは……、なんとかなるでしょう、多分。

 そんな事を言ってる間に川に着きました。とっとと渡ってしまいましょう。
 何かが飛び出してきても対処できるように水面から距離を開けて飛ぶ。高さは川岸にある木と同じくらいで。飛びすぎても厄介なので。
 四分の一も過ぎた頃には猿ゴリラも諦めたのか叫び声を上げるだけになっていました。
 と、水面に波紋が。そして影。急激に大きくなるそれに構えを取る。

 ――【側刀《そばがたな》】!!

 飛び出してきた影へと擦り上げるように蹴りを放つ。太陽がキラキラと反射するそれを猿ゴリラの方へと蹴り飛ばす。
 ……ワニではなく、巨大な魚でした。サイズは乗用車くらい?
 まあ、進行方向ととは反対に飛ばしたので、同じのにはもう襲われないでしょう。

 気を取り直して前に進んでいく。別のが飛び出してくるかも知れないので水面の注意は怠りませんが。
 半分は過ぎたでしょうか。後ろの陸よりも目の前の陸の方が心なしか近いような気がします。

[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/2

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析