ハーメルン
ポケモンユナイトストーリー
第十六話 覚悟を決めた一撃

試合はラストスパート突入、カケルはリーダーとして点を決めなければと思う、だが
目の前には戻ってきたハガネール、もう同じ手は通用しないだろう、どうすればいいかと迷う
それは、ハガネール使いも同じだった、ロックカットを見せているため
もう飛行技は飛んでこないだろう、だがスピードを上げなくては
ファイヤローに攻撃を当てるのは難しいだろう
「ファイヤローアクロバットでハガネールの後ろをとれ」硬直を破ったのはカケル
ファイヤローにハガネールの後ろを取るように指示する
「ハガネール、後ろを取られるな」
後ろから攻撃されたらまずい、ハガネール使いは後ろを取られないようにと指示を出す
ファイヤローは圧倒的な速度でハガネールを翻弄する、そして
「ファイヤロー、ニトロチャージ」覚悟を決めてカケルが、攻撃指示をだす
「ハガネール、もろはのずつき」ハガネールもそれに応戦する
「ファイヤロー、かわせー」カケルがもろはのずつきをかわすように指示を出す
そして、紙一重でハガネールのもろはのずつきをかわしたファイヤローの、ニトロチャージが
ハガネールに炸裂する、ハガネールはダメージを負いファイヤローはニトロチャージの追加効果で
スピードが上がる、そして「ファイヤロー、フレアドライブ」
スピードの上がったファイヤローのフレアドライブがハガネールを襲う
「クソっ、撤退だ」ハガネール使いが脱出ボタンを使うが間に合わず
ハガネールにフレアドライブが直撃するだがさすがハガネールそれをギリギリで耐える
とんでもない耐久力だ
「これを耐えられるのかよ、どういう耐久力だ」ニトロチャージの威力は高くないが
フレアドライブの威力はかなりのもの、しかも両方効果抜群ハガネールが異常だと思うカケル
だが、この硬さこそがハガネールなのだ
「まあいいや、ファイヤロー決めろ」ファイヤロー12ポイントゲット
ファイヤローもハガネールも大してポイントを持っていなかったので、あまり点が入らないが
ハガネールが撤退したので、これからポイントを入れまくる
ラストスパートでの勝利、これは大きいハガネールはこれから回復して
戦場に戻ってくるだろうが、その頃にはほぼ試合終了時間だろう
「上と下は任せたぜ、カナ、ソウタロウ」
ファイヤローvsハガネールの戦いはファイヤローの勝利
カケルは上と下はカナとソウタロウの任せてポイントを決めまくる
そして上では、ペルシアンvsキリキザンの戦いも行われていた
果たしてカナはペルシアンに勝つことができるのか

[9]前話 [1]次話 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/1

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析