ハーメルン
サムライミ版のピーターに憑依した男っ!!
第八話



どうも、スペース・ロジック社を襲ったグライダー爆撃を受けて這う這うの体でラボに戻ってきたピーター・パーカーです。

通信用のインカムと映像送信用のサングラスを爆風で木っ端微塵に破壊された結果、ラボの屋根裏から入るとハリーが顔面蒼白で出迎えてくれた。うむ、カーゴジャケットはボロボロだし、サバイバルパンツも焼けてるし、背中は痛いし肋は痛めてるし傷も多くてしんどいけど俺は元気です。

変装用の服をとりあえず着替えて、包帯を巻いてもらってるところで祝賀会後のお偉いさんの付き合いで遅くなったオクタヴィアス夫妻とノーマンが帰還。ちょっと見ない間にズタボロになった俺をみて全員が絶句してた。

なんて言い訳したものか、と考えていたらハリーがまさかの爆弾投下。俺とハリーで調べたスペース・ロジック社の技術横領を説明して、ハリーはロジック社に事実確認をしに行ったところ、車に轢かれたと俺が軌道修正しておいた。

軍経験者が見れば、俺の傷は明らかな爆風による裂傷だとわかるだろうが、このオクタヴィアス夫妻もノーマンも軍属ではなかったため車に轢き逃げされたということを信じてくれた。ノーマンは「車の特徴やナンバーを教えろ。なにがあっても捕まえて償わさせてやる」とグリーンゴブリンも真っ青なマジギレ顔でそう言ってきてくれた。とりあえずでっちあげると地の果てまで架空の轢き逃げ犯を追いかけそうな勢いだったので轢かれた衝撃でなにも覚えていないということにしておいた。

一方で、オズコープ社の技術が同業他社に流出していた件については、ノーマンの方で出どころを調べるということで一旦預かりとなった。オクタヴィアス博士としては、アークリアクター技術は既に確立されたシステムであり、複製や模倣されるのは仕方がないというが、オズコープ社製だとわかれば社会批判は免れないだろうと言っていたので、ノーマンもすぐに動くと約束していた。


「私の研究はある意味完成したが、ピーターやハリーの若い者たちの未来を奪うのはどうにか避けなければならない」


そう真剣な眼差しで言う博士の顔には、トリチウムによる新エネルギーの研究に没頭していた時のような生き急いでいる雰囲気はなく、純粋に俺やハリーの将来を心配している大人の表情が浮かんでいた。彼の結末の一つを知る者として、今のオクタヴィアス博士の姿に少し泣きそうになったがヒビが入った肋を押さえて痛みで誤魔化した。

とりあえず俺はそのまま救急車に乗せられて病院へ。ノーマンから連絡を受けたメイおばさんとベンおじさんも病室に駆けつけてくれた。

最近はよく車に轢かれるわねえ、と無事の俺の姿を見てホッとしながらメイおばさんは言う。たしかこのピーター・パーカーに憑依したのも交通事故が原因だったっけ?おじさんは「とにかく養生して力をつけなさい」とゴツゴツした手で頭を撫でてくれた。

入院も明日の朝一から検査を行なって、問題なければ夕方にでも退院できるらしい。ぶっちゃけスパイダーマンパワーのおかげて痛みはほぼ引いているし、ヒビが入った肋も徐々に治っている。治癒力も馬鹿みたいに上がってるんだなぁとか思いながら、ハリーやオクタヴィアス夫妻、ノーマン、おじさん夫婦でごった返していた病室からそれぞれが帰路についていく。

ハリーは心配だから泊まると言ってノーマンを見送った後、部屋に鍵をかけて窓にカーテンを広げた。



[9]前話 [1]次 最初 最後 [5]目次 [3]栞
現在:1/3

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析